四国がんセンター:医療関係者の方へ

看護部専門・認定看護師

当院では、2002年(平成14年)に当院で初めての「がん化学療法看護認定看護師」が誕生して以来、認定看護師の育成に取り組み、2016年(平成28年)9月現在では、下の表のとおり24名の専門・認定看護師を配置しています。
そして、乳腺・婦人科の手術につきもののリンパ浮腫に対して、医療リンパドレナージセラピストの資格をとった看護師がリンパ浮腫ケア外来を担当しています。
がん看護専門看護師・認定看護師たちが活動報告、意見交換をしながら、患者さんによりよい看護を提供できるよう活動しています。

がん看護専門看護師

がん看護専門看護師は、「がん患者の身体的・精神的な苦痛を理解し、患者さんとその家族に対して生活の質(QOL)の視点に立った、水準の高い看護を提供する」ことを目指しています。
当院では、3名のがん看護専門看護師が各部署の特徴に応じた役割を担っています。 臨床実践を通して、患者さんやご家族が少しでも自分らしく過ごせるように取り組んでいきます。

がん化学療法看護認定看護師

私達がん化学療法看護認定看護師は、患者さんやご家族が安全に安心して抗がん剤治療をうけることができ、また治療を受けることによる心身の苦痛を少しでも緩和できることを目標に活動しています。他職種とも協働しながら、患者さんやご家族がその人らしく生活しながら治療が継続できるよう支援しています。

皮膚・排泄ケア認定看護師

私たちは、創傷・ストーマ・失禁に関する専門的なケアを提供する看護師です。病棟スタッフと共に創傷やストーマを保有する患者さんへ、個別性のあるケアの提供や日常生活への支援を行えるよう活動しています。当院には、2名の皮膚・排泄ケア認定看護師がおり、入院中の患者さんはもちろん、WOCケア外来で外来患者さんのサポートも行っています。患者さんとご家族が安心して生活できるようお手伝いさせていただきます。

がん性疼痛看護認定看護師

がんの痛みを和らげることは、患者さんやご家族にとっても私達医療者にとっても大切な治療の一つです。痛みがあると、がんの治療だけでなく毎日の生活に支障をきたし、やりたいことや、今までできていたことが出来にくくなります。こうした多くの痛みは、適切にお薬を使うことで緩和することができます。私達は、痛みを緩和するための方法や、これからの生活を過ごしやすくするための方法を一緒に考えていきます。

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師は、目に見えない細菌やウイルスから患者さん・職員を守るために、活動をしています。特に当院はがん専門病院という特徴から、治療に伴い抵抗力が弱くなる患者さんも多く、日頃から感染防止対策に注意をはらう必要があります。そのため、手洗いや環境清掃などを適切な方法で実践できるように、職員への教育・啓発を実施しています。看護師だけでなく、医師や薬剤師、臨床検査技師等と協力し、チームでの活動にも力を注いでいます。

緩和ケア認定看護師

緩和ケアはがんと診断された時から始まり、病気のすべての時期を通して関わっていくことが大切だといわれています。私達は、患者さんとご家族のこれまでの生き方を大切にして、痛みや呼吸困難などの身体の苦痛を軽減し、不安などの心のつらさを共に感じ、少しでも緩和できるように一緒に考えながら、患者さんとご家族がその人らしく過ごせるように支援していきます。

乳がん看護認定看護師

乳がんの治療は、手術や放射線治療の局所治療のほか、抗がん剤やホルモン剤などの全身療法に及ぶこともあり、長期間の療養が必要な場合があります。乳がん看護認定看護師は、心理的なサポート、治療選択のサポート、さまざまな治療に伴う看護、外見の変化へのサポート、リンパ浮腫の予防のためのアドバイス、治療に伴うパートナーとの関わりや妊娠・出産の問題などについて相談を受けつけております。

摂食・嚥下認定看護師

口から食べるという事は、身体機能を維持するだけでなく、ストレスを発散させ、精神的な調和を図り、他者との交流を深めて、人の生活を豊かにすると言われています。 口から食べる事は困難となる患者さんに、専門的な評価や機能の維持を図り、少しでも口から食べられるように日々介入しています。 口から食べたいという患者さんの気持ちを尊重していきたいと思っています。

がん放射線療法看護認定看護師

放射線治療はがん治療の3本柱の一つと言われています。最近では、治療技術の進歩により、治すことのできる治療法とも言われていますが、認知度はまだまだ低く、治療を行う時の不安は大変大きいと思います。 患者さんが安心して、最後まで治療をやり遂げることができるように環境を整え、ケア方法などを一緒に考え、提供していきます。 また、治療目的によっては生活スタイルに合わせた通院治療もできるので、いつでも相談していただきたいと思います。

認定看護管理者

看護師が知識と技術を身につけ看護の質を向上できるよう、看護教育体制を整え、人材育成を推進し、質の高いサービスの提供をめざします。また、愛媛県がん診療連携拠点病院として地域の医療機関と連携を図り、顔の見える看-看連携の構築とがん看護実践の均てん化に努めていきます。

エキスパートナース配置状況

2016年9月1日現在

項目
がん看護専門看護師 3
がん化学療法看護認定看護師 4
皮膚・排泄ケア認定看護師 2
がん性疼痛看護認定看護師 3
感染管理認定看護師 2
緩和ケア認定看護師 4
乳がん看護認定看護師 2
摂食嚥下障害看護認定看護師 1
がん放射線療法看護認定看護師 2
認定看護管理者 1
合計 24