四国がんセンター:医療関係者の方へ

部署案内:診療科・各診療部門案内骨軟部腫瘍・整形外科

特徴

骨(四肢骨、脊椎)や筋肉、神経に発生した腫瘍について診断、治療を行っています。

骨腫瘍

骨腫瘍は大きく分けて、骨から発生する腫瘍(肉腫など)とがんが転移してできる転移性腫瘍があります。骨に発生する代表的な腫瘍では骨肉腫、軟骨肉腫、ユーイング肉腫などがあります。骨肉腫では化学療法と手術、ユーイング肉腫ではこれに放射線療法を追加して治療します。手術は画像診断や、化学療法の進歩により、殆どの症例で切断せず患肢を温存する手術が可能となっています。またがんが転移してできた骨腫瘍の場合でも、最近の化学療法などの進歩により生命予後は改善されており、麻痺や骨折など、症状や状態によっては手術などの治療を行うことがあります。

軟部腫瘍

軟部に発生する腫瘍としては良性のものであれば、手術せず経過を観るか、切除を行うかはご本人と相談して決定します。悪性であれば、治療が必要ですが軟部の悪性腫瘍には様々な種類があり、化学療法が効きやすいものと効きにくいものがあり、比較的効果のあるものでは、滑膜肉腫や横紋筋肉腫などがあります。この他代表的な軟部腫瘍では、脂肪肉腫や悪性線維性組織球腫などがあり、主に手術療法が主体になりますが、最近では化学療法を行う場合もあります。腫瘍切除後は、形成外科と連携して血管柄付複合組織移植などの機能再建を行っています。

レントゲン写真
写真は、がんの大腿骨転移に対し、切除後腫瘍用人工関節で置換後約2年経過したレントゲン

このページの先頭へ

スタッフ紹介

診療医師:骨軟部腫瘍・整形外科医長 杉原 進介

杉原 進介

専門領域

  • 骨軟部腫瘍

認定資格

  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本整形外科学会 整形外科専門医
  • 日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
  • 日本リハビリテーション医学会 認定臨床医

診療医師:リハビリテーション科医師 魚谷 弘二

専門領域

認定資格

  • 日本救急医学会 救急科専門医
  • 日本整形外科学会 整形外科専門医
  • 日本整形外科学会 脊椎脊髄病医