四国がんセンター:医療関係者の方へ

部署案内:診療科・各診療部門案内臨床検査科

臨床検査科とは

臨床検査科とはどの様な科ですか。

検査科は何処の科にも属していない中立的な独立した科です。内科の検査科、外科の検査科でも無く、各科が必要とする検査を集約中央化して、大型の検査機器、精密な検査機器、人等を配属して、効率と精度をあげ、迅速に検査をしています。

検査科ではどの様な人が働いていますか。

臨床診断をするために検査科に専属の医師(科長)、病理部門には病理医がいます。 各分野には検査を行う臨床検査技師がおり、各分野ごとに主任技師がいます。それを統括する臨床検査技師長がいて、臨床検査科が機能しております。

検査科にはどのような分野がありますか。

検査を受けられる方へ(手順と注意点について)

検査項目についてもう少し知りたい方は、下記の資料を参照してください。

このページの先頭へ

生理検査部門

超音波検査

超音波検査とは高周波の音を体に当て跳ね返ってきた超音波をコンピュータ処理して画像を作り、各臓器の状態を見る検査です。各臓器の血管の血流をカラー表示し流れや量を計測する事もできます。各臓器のがん、胆石、心臓疾患、子宮筋腫、子宮内胎児の発育などを診断する検査です。

心電図検査

心筋が活動するときに、電気的興奮が起こる。この電位差を波形に表し、心臓の状態を見る検査です。具体的には、不整脈、心筋梗塞、狭心症、心肥大を診断する検査です。

ホルター心電図

体に簡易的に電極を付け、24時間心電図を記録し、日常の生活の中での心臓の異常を見つける検査です。普通の心電図では見つからない不整脈、労さ時の異常、夜間の異常などを診断する検査です。

肺機能検査

呼吸を決められた方法で行い、肺活量、フローボリューム等を検査し、肺の機能や気管の状態を見る検査です。肺線維症、気管支喘息、肺気腫、慢性気管支炎などを診断する検査です。

このページの先頭へ

検体検査部門

人の身体から採取された血液、尿、便、穿刺液、髄液などの成分を、様々な検査機器を使用して分析したり、細胞を観察して異常がないかを調べる部門です。

生化学・免疫血清検査

主に血清(血液から赤血球、白血球、血小板、フィブリン等を除いた液体)の中の成分を、検査機器を用いて分析しています。代表的な項目は下記のようなものがあります。

  • 肝機能検査(AST、ALT、γ-GT、ALP、ビリルビンなど)
  • 腎機能検査(尿素窒素、クレアチニン、尿酸など)
  • 脂質検査(総コレステロール、中性脂肪、HDL-コレステロール、LDL-コレステロールなど)
  • 糖尿病関連検査(ヘモグロビンA1c、血糖など)
  • 電解質・金属検査(ナトリウム、カリウム、クロール、カルシウムなど)
  • 感染症検査(B型肝炎、C型肝炎、梅毒、HIVなど)
  • 腫瘍マーカー検査(CEA、CA19-9、PSAなど)
  • 甲状腺ホルモン検査(TSH、FT3、FT4など)

血液検査

血液細胞の代表的な成分には、赤血球、白血球、血小板があります。これら血液細胞の計数と鏡検(顕微鏡で細胞を観察すること)、また出血傾向をみる凝固検査を主に検査をしています。その他、網状赤血球、骨髄穿刺液の検査等も行っております。

赤血球数の検査で、貧血や多血症、白血球数では感染症の病態や経過の把握、白血病などの血液疾患の診断にもつながります。
血液細胞の鏡検は、各細胞の大きさや形態を観察しています。赤血球、白血球、血小板の形態変化や異常により、白血病などの血液疾患や、各種貧血、アレルギー疾患、感染症の診断に有用とされています。

一般検査

尿、便、髄液、穿刺液などの検査を行っています。
尿中に含まれている物質(蛋白、糖、ウロビリノーゲン、赤血球、白血球、上皮細胞など)を検査して診断に役立てています。
尿を調べることにより、腎臓、膀胱、肝臓その他多くの病気をみつけることができます。
便の検査は潜血(肉眼では見られない血液)反応により、直腸、胃等の消化管からの出血の有無を見て、がんや潰瘍の有無をみる補助診断の一つです。

輸血検査

安全で適正な輸血を実施するため、輸血に関する検査を行っています。これには血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験があります。

血液型
血液型にはABO血液型、Rh血液型をはじめとしてたくさんの種類が存在します。これらを詳しく調べ安全に輸血を行えるようにしています。
不規則抗体検査
妊娠や輸血などにより、自分とは異なる血液が身体の中に入ると、その血液に反応する抗体がつくられることがあり、これを不規則抗体と呼びます。患者さんの血液中に不規則抗体があると、輸血で副作用が起こることがあるため、不規則抗体の有無を事前に検査します。
交差適合試験
輸血用血液製剤と患者血液との間で抗原抗体反応が起こるかをあらかじめ試験管内で検査し、副作用を未然に防止します。

微生物検査

感染症の原因となる病原微生物を各種材料(喀痰、尿、糞便、血液、膿など)から見つけだし、その微生物にはどのような抗菌薬が効くのかを調べる検査を行っています。
また、ICT(院内感染対策チーム)のメンバーとして活動に参加し、院内環境の調査と改善につとめるとともに、注意すべき微生物を迅速に報告し、院内感染の防止に尽力しています。

このページの先頭へ

病理検査部門

身体の細胞を顕微鏡で見て悪性(がん化)か良性かを検査をする分野です。
また、不幸にも亡くなられた患者さんで、死亡の原因は何か、現在行っていた治療が、適切なものであったか、現在はCTやMRIで画像的に見られますが、これらで十分に判らない場合に実際に病理解剖をし、病巣を見て、必要があれば、臓器の一部を取り出して、特殊な処理をして顕微鏡、電子顕微鏡等で観察して、今後の治療診断に役立てます。

細胞診

喀痰、尿等の中に腫瘍細胞が存在していないかをみます。
婦人科の細胞診は、子宮頸管部を擦過してその中に腫瘍細胞が存在していないかをみます。
また、各所の病巣部を穿刺してその液の中に腫瘍細胞が存在していないかをみます。

組織診

各所の臓器を試験切除したり、手術時に取り出した組織、解剖で取り出した組織からの材料中に腫瘍細胞が存在していないかをみます。

このページの先頭へ

検査を受けられる方へ(手順と注意点について)

生理検査(下記(1)〜(3)の検査)

検査の手順

検査は直接検査科では受付出来ません。
まず、最初に患者さんは病気に該当すると思われる科を受診してください。そこで渡された生理検査伝票の入ったファイルを受け取って、外来2階の生理検査室(受付E)へおこしください。

  1. 当日出来る検査はすぐに検査しますが、その他の検査は予約になります。
  2. 検査当日は、予約時間10分前までに受付Eで受け付けをしてください。遅れると、待ち時間が長くなることがあります。

検査項目および検査日

(1)心電図

  1. 12誘導心電図(随時)
  2. 負荷心電図(随時)
  3. ホルター心電図(予約制)

(2)肺機能検査

  1. 肺機能分画(随時)
  2. フローボリュームカーブ(随時)
  3. RV(残気量)(予約)
  4. DLCO(肺拡散能力)(予約)

(3)超音波(臨床検査技師)
 検査は予約制です。ただし、当日医師が必要と判断した場合は、検査を行います。しかし、予約の方が優先となるので、待ち時間が長くなります。

  1. 上腹部(検査が午前のかたは朝食を食べずに、午後のかたは、朝食以降は絶飲食でおこしください。ただしお薬は少量の水で飲んで結構です。)
  2. 心臓、頸部、体表
  3. 乳腺、甲状腺、精巣
  4. 頸動脈、四肢血管

検体検査

1.採血

各受診科で採血が必要な場合は、検査依頼伝票の入ったファイルを外来2階の中央処置室(受付B)にお持ちいただき、採血をしてください。

2.採尿

各受診科で尿検査が必要な場合は、検査依頼伝票の入ったファイルを外来2階の中央処置室(受付B)にお持ちいただき、受付正面にある採尿用お手洗いで採尿して、お手洗い奥の窓口に提出してください。

微生物検査

各診療科で渡された滅菌容器に検査材料を採取してください。容器には採取日、名前をご記入のうえ、各診療科に提出してください。

喀痰の採取・保存方法について

  1. かならず病院で渡された容器に採取してください。
  2. 喀痰は唾液とは異なります。良質な喀痰を出すために下記の方法をお試しください。
    1. まずは、しっかりうがいをしてください。(病気と関係ない口の中の常在菌の混入を避けるためです)
    2. 2~3回大きく深呼吸し、空咳または咳ばらいをすると喀痰が出やすいです。
  3. 当日来院できない時に喀痰が採取できた場合は、密封して冷蔵庫で保存してください。

このページの先頭へ

スタッフ紹介

診療医師:臨床検査科長 西村 理恵子

西村 理恵子

専門領域

  • 乳腺病理

認定資格

  • 日本臨床検査医学会 臨床検査専門医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診指導医
  • 日本病理学会 病理専門医
  • 国際細胞学会認定細胞診断医(F.I.A.C.)