四国がんセンター:病院をご利用の方へ

患者さんサポート情報/その他の情報:その他のがん情報:胃がんの手術を受ける方のために胃の手術に関して起こりえる事

術後の合併症と後遺症

手術の後にはすべての人が順調に回復するわけではありません。
合併症後遺症などという予想外の結果が起こる場合があります。

合併症

出血

手術後に再び出血する。

肺炎

手術後に痰が出しにくく肺炎となる。特に喫煙者。

縫合不全

腸をつないだところが漏れて腹膜炎となる。

肺梗塞

血の塊が肺にとんで詰ること。重症の場合には死亡する可能性もある。

術後膵炎

膵液が漏れて炎症を起こす。

脳血管系

脳梗塞、脳出血など予期せぬ病気の発生。

心疾患

心筋梗塞、狭心症、不正脈など予期せぬ病気の発生。

持病の悪化

このページの先頭へ

後遺症

腸閉塞

癒着により腸が詰ってしまうこと。腹痛・嘔吐を伴う。
手術が必要な場合もある。

ダンピング症候群

  • 術前は胃の中で撹拌されて少しずつ腸に運ばれていた食事が、胃切除により急に腸の中に流れ込むことにより起こる症状
  • 食事直後、発汗、動悸、全身倦怠感などの症状
  • 食事後2~3時間後 低血糖などの症状

貧血

胃を切除することにより、鉄分・ビタミンB12の吸収が悪くなくことにより起こる。

骨粗しょう症

胃を切除することにより、カルシウムの吸収が悪くなくことにより起こる。

逆流性食道炎

胃を切除することにより、逆流を防止する弁の動きがなくなってしまうことにより起こる。
胃全摘術や噴門側胃切除後に起こりやすい。

以上、例として挙げた合併症・後遺症は必ず起こるわけではありませんが、注意は必要です。


手術直後から術後1週間目くらいまでの間、おなかの痛みや体のつらさなど人によっては、イライラが強くなったりします。

しかしあせっても体はすぐには回復しません。できる範囲で動き、元の生活に早く戻れるように少しずつがんばってください。

われわれ医師・看護師・薬剤師・栄養士など、皆さんが一日でも早く手術から回復されることを願って、最大限の努力をさせていただきます。

がんばって病気と闘っていきましょう。