四国がんセンター:病院をご利用の方へ

受診・入院・お見舞いにあたって:外来案内:緩和ケアセンター緩和ケア病棟登録のご案内(患者さん用)

緩和ケアの目指すもの

  1. 緩和ケアの1番目の目標は、がんのつらい症状を治療し、苦痛の緩和を行うことです。そのために、担当医師・看護師と協力して、入院中・外来通院中の患者さんに、専門的な治療・ケアを提供します。
  2. 緩和ケアの2番目の目標は、患者さんとご家族が安心して自宅で過ごすことができるように援助することです。そのために、在宅テレビ電話サービスや訪問看護ステーションの院外の紹介・手配を行います。
  3. 緩和ケアの3番目の目標は、患者さんとご家族に安心して過ごせる療養の場を提供することです。そのために、自宅で過ごすことが難しくなった患者さんには緩和ケア病棟に入院していただきます。緩和ケア病棟ではがんの積極的な治療は行わず、つらさを和らげる治療が提供されます。

このページの先頭へ

緩和ケアの受診について

  • まずは主治医から紹介していただいて緩和ケア外来に受診していただきます。最初はご家族でもかまいません。緩和ケアの方針や対応できる医療について説明します。
  • 緩和ケアに継続して受診することを希望される場合は「緩和ケアを希望される患者さんへ」「緩和ケアを希望されるご家族の方へ」の用紙を記入していただきます。主治医ともよく相談されて、緩和ケア外来に提出していただきます。申し込み用紙がそろった時点で、今後の方針を相談いたします。
  • 緩和ケア病棟に入院していただくか、一般病棟で緩和ケアを受けていただくか、外来で緩和ケアを行うか、一番あった方法を本人ご家族とも一緒に検討します。

このページの先頭へ

緩和ケア病棟への入院について

登録された患者さんは、以下のような場合希望すれば緩和ケア病棟に入院し必要なケアを受けることができます。

  1. 痛みなどの症状が悪化し、専門的な症状コントロールが必要な場合
  2. 身体が衰弱して、自宅で過ごすことが難しくなった場合
  3. 環境の変化やご家族の事情で、自宅での介護が難しくなった場合

このページの先頭へ

緩和ケア外来と在宅ケアについて

緩和ケア外来について

専門外来として「緩和ケア外来」を設けています。緩和ケア病棟から退院した患者さん、緩和ケア科で経過観察中の患者さんの診療をおこなっています。

在宅テレビ電話サービスについて

ご自宅での療養のために、テレビ電話を用意させていただく場合があります。

訪問看護・訪問診療について

当院緩和ケア科では、訪問看護・訪問診療サービスは実施していません。しかし、地域の訪問看護ステーションやかかりつけ医師と連携をとり、在宅での療養をサポートしています。

このページの先頭へ

お問い合わせ先

ご不明な点は、お気軽にご相談ください。がん相談支援センターが案内します。

代表電話番号:089-999-1111
直通電話番号:089-999-1114
ファックス番号:089-999-1115

外来通院中の場合は緩和ケア外来でも案内します。

このページの先頭へ

緩和ケア病棟登録の申込用紙ダウンロード

こちらのページからダウンロードしてください。
各種書類ダウンロード