四国がんセンター:病院をご利用の方へ

受診・入院・お見舞いにあたって:がんドックのご案内検査説明

PET-CT

PETは「体の機能や代謝などの様子」を見る検査で、CTは部分的に体内の腫瘍の「形や大きさ」を見る検査です。
PET-CTはこの2つの利点を組み合わせることでより正確に診断することが可能です。小さくても悪性度の確認ができるので、適切な治療方針をたて、早期治療が可能になり、その結果、医療費の負担軽減にもつながります。

乳がん(非浸潤がん)の場合

乳がん(非浸潤がん)の場合

肺がんの場合

肺がんの場合

このページの先頭へ

MRI(上腹部・骨盤腔)

強力な磁場と電磁波を用いて体の断層像を見る検査です。PET-CTが苦手とする肝臓、腎臓、膀胱、前立腺などのがんを見つけることや子宮、卵巣の検査が可能です。がんの描出を得意とする拡散強調画像も加えて診断精度を高めています。
心臓ペースメーカーや脳動脈瘤クリップ、磁性インプラント等の金属のある方または、入れ墨等、金属粉の塗布がある方は検査ができない場合があります。
歯科のカードをお持ちの方はドック当日ご持参ください。

上腹部MRI拡散強調画像 骨盤MRI画像

このページの先頭へ

マンモグラフィ(乳房X線検査)

乳がん乳がん(白矢印の部分)

マンモグラフィとは、乳房X線撮影のことで、非常に低い電圧で発生させたX線で撮影します。医師の触診だけでは発見できないしこりを診断できることがあります。特に、石灰化のある乳がんの発見に適しています。
当院はマンモグラフィ検診施設画像認定施設(注1)であり、認定技師(注1)が撮影し、認定読影医(注1)が読影します。
但し、シリコン等の豊胸術を受けられた方は、撮影できませんのでお申し出ください。

(注1)NPO法人マンモグラフィ精度管理中央委員会(http://www.mammography.jp/

このページの先頭へ

胃・食道内視鏡

早期胃がん早期胃がん(白矢印の部分)

胃・食道内視鏡は、食道、胃、十二指腸の粘膜を直接観察する検査です。
検査の当日朝は絶食となります。検査の直前に、コップ1杯の薬を飲んでいただき、胃の中をきれいにします。続いてスプレーによる咽喉頭麻酔と、胃や十二指腸の動きを抑える薬の注射をした後、内視鏡を口から挿入します。場合により、注射の代わりに動きをおさえる薬を胃の中へ散布することもあります。食道、胃、十二指腸を観察し、がんや腫瘍などの病変がないかどうかを確かめます。内視鏡検査では、粘膜の軽度の異常も直接観察することが可能です。
必要な場合には、同意のもとで生検(細胞を採取して顕微鏡でみる検査)を行うことがあります。

このページの先頭へ

腫瘍マーカー

がんドックでは、CEA、PSA、CA125を行っています。CEAは代表的な腫瘍マーカーで、大腸・胃・肺・乳房・膵臓などのがんで陽性となります。PSAは前立腺がんを、CA125は卵巣がんを対象とした腫瘍マーカーです。
腫瘍マーカーとは、がん細胞の目印(マーカー)になる物質の総称です。いいかえると「がん細胞がつくる物質、またはがん細胞と反応して体内の正常細胞がつくる物質のうちで、それらを血液や組織、排泄物(尿・便)などで検査することが、がんの診断または治療の目印として役立つもの」と定義することもできます。人にできるがんのすべてをカバーする腫瘍マーカーはありませんし、適当な腫瘍マーカーのないがんも少なくありません。血液の腫瘍マーカー検査だけで早期がんを診断することはできません。そのため、当院は画像診断との組み合わせによる検診を行っています。

このページの先頭へ

胸部マルチヘリカルCT

早期肺がん早期肺がん(白矢印の部分)

胸部マルチヘリカルCTは、小さな肺がんを発見するのに有効な検査です。
検査は寝台に横になり、息を止め、X線を用いて撮影します。一回の息止め(約10秒)で肺全体を連続的に撮影することが可能で、ミリ単位で画像を作成します。
肺がん以外に他の胸部の病気を見つけることが可能です。PET-CTは胸部マルチヘリカルCTも兼ねています。

このページの先頭へ

臨床検査

臨床検査は、以下の項目を行います。その内容は、貧血などのための血液検査と、肝臓・膵臓、腎臓などの機能をみる生化学検査、肝炎の感染を調べる感染症検査に大別されます。
これらの検査項目の判定は、画像診断とあわせて総合的な診断に用いられます。

血液

白血球数、赤血球数、ヘモグロビン、ヘマトクリット、血小板数、白血球分画

生化学

総蛋白、アルブミン、総ビリルビン、総コレステロール、血糖、尿素窒素、塩素、ナトリウム、カリウム、血清アミラーゼ、ALP、GOT(AST)、GPT(ALT)、γGTP、LDH、尿酸、クレアチニン、CRP、ペプシノーゲン、TG

感染症

C型肝炎(HCV抗体)、B型肝炎(HBs抗体)

尿

比重、pH、蛋白、糖、ウロビリノーゲン、潜血、ケトン体

喀痰

集細胞細胞診

便

潜血

このページの先頭へ

CTによる内臓脂肪量測定

CTによる内臓脂肪量測定の画像

ウエストサイズ、BMI、皮下脂肪面積、内臓脂肪面積、全体脂肪面積、内臓脂肪面積の割合が画像と数値で測定されます。
(画像は腹部CT、赤:皮下脂肪 青:内臓脂肪)
肥満度や脂肪分布について診断します。

このページの先頭へ

骨密度測定

骨密度測定の画像

骨密度測定装置では、骨の骨塩量を測定し、骨粗鬆症(骨がスカスカになる)か否かなどがわかります。DXA法(注2)(ごくわずかなX線を用いて測定)により、腰椎と大腿骨頸部の骨密度を測定します。検査中は、5分程度動かずに横になっているだけで、もちろん痛みなど全くありません。

被爆線量 腰椎正面0.05mGy 左大腿骨0.10mGy

(注2)DXA [Dual energy X-ray Absorptiometry] 法:高エネルギーと低エネルギーのX線を用いて測定し、得られた画像の差分より骨と軟部組織を区別し、骨密度を測定する方法です。

このページの先頭へ

ABC検診について

胃の健康状態を調べる検査として、ABC検診があります。ヘリコバクター・ピロリ菌の感染により胃に炎症がおこり、感染した状態が長く続くと、萎縮性胃炎になります。胃がんは萎縮性胃炎を背景に発生することが多いため、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染や萎縮性胃炎は胃がんのリスクファクターと考えられています。ABC検診は、抗ヘリコバクター・ピロリ菌血清抗体価とペプシノゲン検査を行い、患者さんの胃の粘膜が胃がんになりやすい状態かどうかを判定します。胃がんになりやすい胃粘膜を有していると判定された場合は内視鏡検査を受けることをおすすめします。なお、ヘリコバクター・ピロリ菌陽性であれば、除菌治療について健康保険が適用されます。詳細は医師におたずねください。

ABC分類 ヘリコバクター・ピロリ菌血清抗体価
陰性 陽性
ペプシノゲン検査 陰性 A B
陽性 C

ABCの順で胃がん発生リスクが高くなることが知られています。

  • A群 5年に1度程度、内視鏡検査を受けることをおすすめします。
  • B群 3年に1度程度、内視鏡検査を受けることをおすすめします。
  • C群 1~2年に1度程度、内視鏡検査を受けることをおすすめします。

胸焼けや上腹部痛などの症状があるときは上記の結果にかかわらず、お近くの医療機関で内視鏡検査を受けてください。