四国がんセンター:病院をご利用の方へ

部署案内:診療科・各診療部門案内精神腫瘍科

特徴

誰でも不安になったり、憂鬱になったりすることはあります。がんと向き合う方は、その頻度が高く、悩みもより深いものです。診断結果を伝えられる時、治療中、または治療終了後、残念ながら再発した時や病状が悪化した時など、様々な時点で気持ちの変化が生じます。精神腫瘍科では、がんに対する治療や患者さんの体力の状況に応じた判断を行いつつ、現実的な悩みの解決法や、必要に応じて薬を使って気持ちの負担を減らす方法を考えていきます。患者さんが「病気だからしてはいけないこと、できないこと」ではなく「病気ではあるができること」を積極的に思索し、一日一日を有意義なものにすることが目標です。

「緩和医療」とは、病気の時期や場所(入院中・通院中)を選ばず、患者さんに安心してご自分のがんの治療方法を選択していただくためにあります。四国がんセンターの精神腫瘍科は、「緩和医療」を心の面から支えることを目指しています。

このページの先頭へ

スタッフ紹介

診療医師:精神腫瘍科医師 落合 優美

専門領域

  • 精神科

認定資格

  • 精神保健指定医(厚労省)
  • 日本精神神経学会 精神科専門医