四国がんセンター:病院をご利用の方へ

部署案内:診療科・各診療部門案内禁煙外来

特徴

タバコは、がんなど多くの病気の原因となります。それを知っていてもなかなかやめにくいのは、タバコに含まれるニコチンに依存症があるからです。ニコチン依存症は病院で治療が可能です。
禁煙外来はタバコをやめたい方の支援をします。

当院は全面禁煙となっています。

タバコは、単独では最大のがんの原因(がん全体の30%、肺がんでは60%以上)というだけではなく、多くの病気を引き起こします。喫煙者の2人に1人は、タバコが原因の病気で寿命を縮めているといわれています。さらに近年、タバコを吸う本人だけではなく、家族、友人、同僚など周りの人たちの健康にも悪影響を与えることがわかってきました。

しかし、タバコをやめようと思ってもなかなかやめられない・・・これは、タバコに含まれるニコチンに強い習慣性・依存性があるからです。タバコをやめたり本数を減らすと、いらいらしたり、ゆううつになったり、集中力が落ちたりといった、離脱症状を起こします。これはニコチン依存症の症状です。

「タバコがやめられないのは、意志が弱いから・・・」ではありません。ニコチン依存症という身体の病気をきちんと治療することで、禁煙は、だれにでもできるものになります。

病気を心配したり、周りに謝りながら吸い続けるのは、もう卒業しましょう!
タバコをやめたい患者さんを応援します!!

このページの先頭へ

受診について

禁煙外来ではどんな治療をするのでしょうか?

まずニコチン依存度を測る検査を受けていただき、それぞれの患者さんにあわせて、パッチ(貼り薬)を用いたニコチン置き換え療法や内服薬による治療を行います。それにより、タバコが切れたときの不快な感じ(ニコチン離脱症状)を緩和し、楽に禁煙できるようになります。

また、習慣依存には、行動置き換え療法やカウンセリングなども有効です。治療終了までの通院期間は2か月から3か月です。

受診費用は?

当院での禁煙治療は下記条件を満たす場合に限り保険適用となります。また、診療は外来のみです。

このページの先頭へ

診療およびお問合せ

診療日

毎週木曜日(午前)・金曜日(午前)

場所

呼吸器外来

お問合せ先

独立行政法人国立病院機構四国がんセンター
代表電話番号 089-999-1111

このページの先頭へ

スタッフ紹介

診療医師:呼吸器外科医師 杉本 龍士郎

杉本 龍士郎

専門領域

  • 呼吸器外科

認定資格

  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本外科学会 外科専門医
  • 日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医
  • 臨床研修指導医

診療医師:呼吸器外科医師 牧 佑歩

牧 佑歩

専門領域

  • 呼吸器外科

認定資格

  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本外科学会 外科専門医
  • 日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医