四国がんセンター:病院をご利用の方へ

部署案内:診療科・各診療部門案内歯科

がん治療中には、口内炎などの症状が口のなかに発生したり、口の内の細菌が原因で手術後の感染や肺炎などの合併症が起こる事が知られています。このような口の中の症状や合併症は、痛みをともなって日常生活の支障となるだけでなく、栄養状態の悪化や、感染症を引き起こすなど治療に悪影響を与えます。また、がん治療中の全身状態の悪化などにより歯周病などの慢性歯科疾患が増悪することがあり、治療の延期や中断が必要となる場合もあります。
歯科では、がんの治療中に生じるさまざまな口腔内の諸問題に対応するため、治療開始前にう蝕や歯周病などの口腔内感染巣の除去を行うだけではなく、治療中も病棟あるいは外来において医師、看護師と連携し口腔ケアを行って、がん治療に伴う口の中の症状や合併症を予防し、がん治療を円滑に進めるための取り組みを行っています。
また、がん治療中に歯科治療が必要になった場合には、一般の歯科医院と連携して、う蝕、歯周病の治療、義歯の作製や調整、抜歯などの歯科治療も行っています。

このページの先頭へ

スタッフ紹介

診療医師:歯科医師 塩田 康祥

専門領域

  • 一般歯科

認定資格

診療医師:歯科医師(非常勤) 三浦 晃子

専門領域

  • 一般歯科

認定資格