患者・家族総合支援センター

ボランティア

ピアサポーター

ピア(Peer)とは、『仲間・同等』という意味の英語です。ピアサポートは、同じような境遇やよく似た体験をもつ者どうしが助け合うことを意味します。
ここでは、がん体験者が、がん患者さんとそのご家族をサポートします。

患者さんだからできること・支えてきた家族だからわかること
がんと言われて不安な気持ちを誰かに聞いてもらいたい…
家族や職場にどう話したらいいの…?
がんと言われた家族をどう支えていったらいいの…?

といった、家族や医療者には話しにくい内容でも、がん体験者なら、気持ちを分かち合い、一緒に考えることができるかもしれません。

ピアサポーターについて詳しくはこちら

このページの先頭へ

暖だんイベント協力者募集

「今こんな習い事をしてます」「私、こんな事できます!」

特技のある方を募集しています!
自分の好きなこと、得意なことを活かして暖だんで一緒に楽しい時間を共有しませんか?
趣味・レクレーションの手ほどきや披露などボランティアとしてイベントに協力してくださる方をお待ちしております。

暖だんイベント協力者募集について詳しくはこちら

このページの先頭へ

四国がんセンターボランティアグループ「ふれ愛」

四国がんセンターにおけるボランティア活動は1997年(平成9年)の開始からおよそ18年の歴史があり、病院における患者さんへの直接的・間接的な支援活動を行っています。

グループふれ愛ではボランティアメンバーが相互に学び合い、成長し、助け合いの心を持って活動することが目標です。病院全体には新鮮さと社会の風を、患者さんには活力を提供し、地域社会と病院のかけはしとなるよう努めています。

私たちといっしょに病院ボランティア活動に参加されたい方をお待ちしています。

四国がんセンターボランティアグループ「ふれ愛」について詳しくはこちら