患者・家族総合支援センター

ピアサポーター

ピアサポーターとは…

ピア(Peer)とは、『仲間・同等』という意味の英語です。ピアサポートは、同じような境遇やよく似た体験をもつ者どうしが助け合うことを意味します。
ここでは、がん体験者が、がん患者さんとそのご家族をサポートします。

患者さんだからできること・支えてきた家族だからわかること
がんと言われて不安な気持ちを誰かに聞いてもらいたい…
家族や職場にどう話したらいいの…?
がんと言われた家族をどう支えていったらいいの…?

といった、家族や医療者には話しにくい内容でも、がん体験者なら、気持ちを分かち合い、一緒に考えることができるかもしれません。

このページの先頭へ

ひまわりサロンピアサポーター

平成26年4月現在、ひまわりサロンピアサポーターとして、計14名が活動しています。

ひまわりサロンでは、ピアサポーター研修を受けたがん患者さん、ご家族がスタッフとして、語り合いの場に入って参加者の話を聞いたり、時には自身の体験を伝えたりして、参加されたがん患者さん、ご家族同士の交流をサポートしています。

ひまわりサロンピアサポーターになるためには…

Step1
がんのピアサポーター養成研修に参加

まずは、がんに関するピアサポーター養成研修に参加ください。

主催元・開催地は問いません。

愛媛県では年1回程度、ピアサポート養成研修を開催しています。

研修ではサポート活動やがんに関する基礎知識を学ぶ機会になります。

愛媛県のピアサポーター養成研修 詳しくはこちら

Step2
ひまわりサロンピアサポーター登録申請

ひまわりサロンピアサポーターの活動を希望される方は、

患者・家族総合支援室にお問い合わせください。

登録申請の関連書類をお渡ししますので、

必要事項を記入後、提出してください。

その後、面談日程の調整をさせていただきます。

(面談は申請書提出後より概ね10日前後を予定しています)

Step3
面談

登録申請書の記載内容をもとに、事務局と面談を行います。

※面談は、平日の10時00分~16時00分の間を予定しております。

Step4
登録

登録の可否について、郵送にて通知いたします。

Step5
活動開始!!

初めて活動いただく際、登録証書の授与・名札用の写真撮影を行います。
 


ひまわりサロンピアサポーター活動

1.会場設営と事前打ち合わせ(12時30分~13時30分)
参加者が安心して過ごすことができるよう準備を行います。
2.ひまわりサロン(13時30分~15時00分)
参加者同士の交流をサポートします。
3.会場の片づけと振り返り会(15時00分~15時30分) 
よりよいサロンになるよう振り返り会を行います。また、ピアサポーターさん自身にも息抜きをしてもらう時間です。