患者・家族総合支援センター

暖だんイベント情報

<<カレンダーに戻る

第8回 家族性腫瘍セミナー

愛媛県在宅がん医療推進事業

第8回 家族性腫瘍セミナー

 がんの5~10%は、遺伝的要因が強く関わって発症する「遺伝性腫瘍」といわれます。
遺伝性が疑われる場合、がん発症リスクに応じた予防対策を立てることが可能です。
「がんと遺伝」について、患者さんやご家族への関わり方を考える機会になれば幸いです。

 
第8回 家族性腫瘍セミナー(PDF:407KB)
日時

2014年 8月 8日(金曜日) 18時30分~20時30分

会場

四国がんセンター 本館3階研修室

〒791-0280 愛媛県松山市南梅本町甲160
TEL:089-999-1111

対象

医療関係者  ※職種は問いません。

内容

司会 : 四国がんセンター乳腺科  大住 省三

講演 1:「遺伝性乳がん卵巣がんの最近の話題
       ~関連する他の遺伝子や他の腫瘍も含め」

    胎児クリニック東京
    順天堂大学医学部附属順天堂医院 遺伝相談外来   田村 智英子 

 

講演 2:「国立がん研究センター中央病院でのLynch症候群の
       診療の実際:消化管内視鏡医の役割とは?」 
    国立がん研究センター中央病院 内視鏡科   中島 健

その他
  • 参加費・事前申込みは不要です。
  • お車でご来院の方は駐車料金100円が必要です。
問い合わせ

四国がんセンター 患者・家族総合支援室

TEL:089-999-1209 FAX:089-999-1210 

主催:四国がんセンター(家族性腫瘍相談室、臨床研究センター、患者・家族総合支援セン
   ター)

共催:アストラゼネカ株式会社、大鵬薬品工業株式会社