患者・家族総合支援センター

暖だんイベント情報

<<カレンダーに戻る

平成25年度がん対策推進員フォローアップ研修会

このたび、がん対策推進員および一般市民の皆様を対象に、フォローアップ研修会を開催することになりました。研修会では、がん予防やがん健診など、最新のがん情報について触れるとともに、健康づくりについて、みなさんと一緒に考えます。

平成25年度がん対策推進員フォローアップ研修会(PDF:300KB)

日時 平成25年9月25日(水曜日)13時30分~15時30分
場所 南予地方局 7階 大会議室
受講申込方法 申込書により9月13日(金曜日)までにFAXすること
参加費 無料
連絡先 宇和島保健所 健康増進課 健康づくり推進係
電話番号:0895-22-5211 FAX番号:0895-24-6806

内容

  • 開会あいさつ
  • 講演「中高年の健康づくりのためのエビデンス:多目的コホート研究の成果から」
    講師:国立がん研究センターがん予防・検診研究センター センター長 津金昌一郎先生
    ~日本人の3人に1人ががんで死亡する時代。がんになりたいという人はいないでしょう。そうした心理を逆手にとったがん予防の情報も氾濫していますが、どれを信じていいかわかりにくいもの。独立行政法人国立がん研究センターには、多くのがん患者さんを治療してきた歴史から、多くの経験と先端的情報が蓄積されています。その知識、情報を、センター長の津金先生が「中高年の健康づくり」に焦点をあてて、わかりやすくお話しいただきます~

講師プロフィール

津金 昌一郎先生津金 昌一郎先生

国立がん研究センター がん予防・検診研究センター センター長
1981年慶應義塾大学医学部卒、85年同大学大学院修了。86年国立がんセンター研究所入所。臨床疫学研究部長などを経て、2003年に同センターがん予防・検診研究センター予防研究部長に就任。その間に米国ハーバード公衆衛生大学院客員研究員を務める。2013年より現職。1990年にスタートした多目的コホート研究の主任研究者。昭和大学医学部客員教授、日本疫学会理事、日本癌学会評議員などを兼務。
著書に『がんになる人ならない人』『なぜ、「がん」になるのか?その予防学教えます。』ほか多数。NHKニュースおはよう日本などにも出演。