患者・家族総合支援センター

暖だんイベント情報

<<カレンダーに戻る

第17回 在宅緩和ケア症例検討会

第17回 在宅緩和ケア症例検討会
『わかる できる がん性症状マネージメント』

残暑の候、皆様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、第17回の在宅緩和ケア症例検討会のご案内を申し上げます。
この会は松山市医師会と愛媛県在宅緩和ケア推進協議会との協働で、かかりつけ医の先生方を対象に愛媛県の在宅緩和ケアの推進事業の一つとして、がんに伴う痛みをはじめとした様々な症状マネージメントのための勉強会として立ち上げたものです。地域連携を考える上で拠点病院・支援病院の先生方にもご参加いただき、顔の見える症例検討会にしてゆきたいと考えております。
平成25年度より訪問看護師の皆さんへもお声を掛けさせていただき、多職種の皆さんで多方面から活発な意見交換がなされています。第17回も下記のテーマで開催いたしますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。日頃お困りの症例の相談も大歓迎です。

第17回 在宅緩和ケア症例検討会(PDF:128KB)

日時 平成25年9月20日(金曜日)午後7時30分~9時
場所 愛媛県医師会館 4階 第2議室(愛媛県松山市三番町4丁目5-3)
電話番号:089-943-7582
テーマ
  1. 終末期における輸液を考える
  2. 最後まで抗がん剤治療を望む患者とどう向き合ってゆくのか
講師
  • 松山ベテル病院 院長 中橋 恒
  • 松山赤十字病院臨床腫瘍科 部長 白石 猛
  • ベテル三番町クリニック 在宅医長 西久保 直樹
  • 訪問看護ステーションベテル 看護師 岩本 久子

車でご来場される方に

愛媛県医師会館の駐車場は、台数に限りがあります。出来るだけ公共交通機関をご利用の上、ご来場ください。

<愛媛県医師会生涯研修 1.5単位>