患者・家族総合支援センター

暖だんイベント情報

<<カレンダーに戻る

がんと就労 ~治療スタッフと職場の令閨の必要性~

愛媛県がん患者・家族支援推進事業
がん患者・家族の就労支援に関する医療関係者向け研修会のお知らせ

がん患者にとって、就労は経済的不安を軽減するだけでなく、本人や家族に生きる活力をもたらすなど、重要な意味を待つが、就労に至るまでにはさまざまな困難に直面している。

この研修会をきっかけに、がん患者や家族の就労支援に携わっている人々の情報共有を図り、愛媛県におけるがん患者・家族の就労に対する連携を強化したい。

がんと就労 ~治療スタッフと職場の令閨の必要性~(PDF:258KB)

講演内容

司会)青儀健二郎 四国がんセンター 臨床研究推進部長

●「がんと就労」の総論
※厚生労働省 がん臨床研究事業
「働くがん患者と家族に向けた包括的就業システムの構築に関する研究」の内容含む
講師)立石清一郎氏 産業医科大学産業医実務研修センター 助教

● がん治療スタッフと職場の連携
・がん治療スタッフが知っておくとよい職場の知識
・がん患者が職場で困っているケース
講師)平岡晃氏 西日本産業衛生会健康管理部 医師

日時 平成25年1月15日(火曜日)18時00分~19時00分(受付17時30分~)
会場 四国がんセンター 本館3階 研修室
対象

がん患者・家族に関わる医療関係者
がん患者・家族の就労支援に興味のある人または携わっている人

参加費 無料
事前申込み不要
お問い合せ 四国がんセンター 患者・家族総合支援室
TEL 089-999-1111(代表)
主催 独立行政法人国立病院機構
四国がんセンター(患者・家族総合支援センター)