患者・家族総合支援センター

センターについて

センター長あいさつ

灘野成人 患者・家族総合支援センター長

「患者・家族総合支援センター」は愛媛県の第2次地域医療再生計画(平成23年~平成25年)に基づき「がん難民」の解消に向けて設立されました。平成18年6月にがん対策基本法が成立して以降、愛媛県でもがん対策推進条例が制定される(平成22年3月)など最近のがん対策の進展には目を見張るものがあります。しかし現実にはまだ患者さん・ご家族の方々に十分な支援が行き届いているとは言い難く、他方がん医療を提供する側(医療・介護・福祉関係者)は疲弊しています。がん医療は変わらねばなりません。

そのような状況への挑戦として私たちは全国に先駆けて「患者・家族総合支援センター」を立ち上げました。この施設は利用者の皆様と一緒に育てる施設にしたいと思っております。皆様からぜひご忌憚のない意見をお寄せください。どうぞよろしくお願いいたします。

患者・家族総合支援センターが設立された背景

第2次愛媛県地域医療再生計画(平成23-25年度)に基づき、1)緩和ケアの充実、2)在宅医療の推進、3)がん医療の水準向上、4)がん登録推進の4本柱を根幹におき、『患者・家族総合支援センター整備事業」(平成26年度より「愛媛県在宅がん医療推進事業」)を展開する目的で、愛媛県がん診療連携拠点病院である四国がんセンターに患者・家族総合支援センターを設立することとなりました。

事業内容

県民の生命を尊重する良心に基づき、温かみのある適切ながん対策が実施されるよう、

  1. がん患者とその家族を支援します。
  2. がんの医療介護福祉に携わる人々を支援します。

それらの活動により、がんになっても安心して暮らしていける地域社会の実現を目指します。具体的には、以下の7項目に従い、センター整備と各企画運営を実施します。

 1)がん患者・家族、医療関係者が集える場の提供
 2)がん関連情報の集約と発信
 3)がんサロンの質の向上
 4)がん患者を家族に持つ子どもの支援
 5)がんに関する就労支援
 6)がん患者の外見関連支援
 7)がん患者および家族(パートナー)の性(セクシュアリティ)に関する支援
 8)緩和ケア
 9)がん登録

 

このような事業は、がん医療の地域支援モデルとして全国初の取り組みです。

患者・家族総合支援センターの愛称「暖だん」について

患者・家族総合支援センターの設立に伴い、県民のみなさんからセンターの愛称を募集しました。総数183件の応募から、愛媛の方言で「ありがとう」の意味を持つ『暖だん』に決定しました。

《応募者の「暖だん」に寄せる思い》

「祖母が使っていた方言が頭に浮かんだ。お礼を言う時はみんな自然と笑顔になる。センターに来る人も迎える人も笑顔で、温かい心を持つことができれば素敵な場所になると思った。」

「病気の苦しみを分かち合える、心を開ける人たちが集って、なんでも気軽に話せて(談笑)、だんだん(暖々)あたたかくなって、だんだん(段々)と心が元気になれる場所であってもらえたら嬉しい。そんな色んな願いも込めて。

 

その他には「きあら」「こもれび」「あいぴたる」「ひだまり」などの候補があがりました。多くのご応募いただき、誠にありがとうございました。