臨床研究センター:センター各部門のご紹介

がん予防・疫学研究部

がん予防・疫学研究部
医療情報研究室・臨床疫学研究室
室長 寺本 典弘

がん予防・疫学研究部について

がん予防・疫学研究部は医療情報研究室と臨床疫学研究室よりなる。医療情報研究室には、地域がん登録室と院内がん登録室が付属している。臨床研究センター長・石井浩が部長を併任、病理科医長・寺本典弘が医療情報研究室長と臨床疫学研究室長を併任している。臨床疫学研究室には山下夏美医師(専門:臨床疫学)が所属している。

医療情報研究室と臨床疫学研究室の研究内容は厳密に分けられるものではない。室長が併任であることもあり、活動の一部は振り分けが不能であるが、ジャンル分けはともかく、いずれも当院の性質上重要な位置を占める研究分野である。
両研究室の主な活動は、所属員が主体となる活動、統計学的解析またはそのアドバイス、愛媛県の院内がん登録・地域がん登録の推進などである。Quality indicatorの解析(1)愛媛県(2)全国の院内がん登録情報の解析(3)などである。

今後は院内の個々のがん情報を相互にリンクすることによって研究につなげていくシステムを考える必要がある。

研究内容

研究内容をご紹介いたします。

院内がん登録室・地域がん登録室

院内がん登録室・地域がん登録室をご紹介いたします。