臨床研究センター:センター各部門のご紹介

がん診断・治療開発部がん治療開発室

研究室紹介

室長 白山 裕子

がん治療開発室では、がんに対する新しい治療の開発のための基礎的な研究とそのための基盤整備を行っています。

基礎研究としては、子宮頸がん動物モデルの開発を行っています。

研究の手法としては、がん遺伝子(種々のがんで異常が見つかっています)や細胞増殖因子(種々のがんでたくさんつくられています)を強制的にたくさん作る様に遺伝子を組み換えたマウス(トランスジェニックマウスと呼びます)を作成し、実際にそのマウスで目的とするがんあるいは前がん病変ができているか、もしできていればそのメカニズムを調べます。がんに限らず病気の動物モデルは新しい治療の開発に非常に役立ちます。