臨床研究センター:センター各部門のご紹介

がん診断・治療開発部精神腫瘍研究室

研究室紹介

室長 成本 勝広
室員 落合 優美

当院の精神腫瘍研究室では、臨床での症例をもとに精神と腫瘍が相互に及ぼし合うさまざまな影響について検討し、主にはそれぞれの精神症状へどのようなアプローチが有効であるかを考えていくという臨床に基づいた研究を行っています。例えば、緩和ケア病棟において患者さんの希望を叶えるために医療者が援助できることを精神面からアプローチした結果についての考察、緩和ケアチームに対する不安や不眠でのコンサルトにおける希死念慮の割合やそこから学べること、がんの積極的治療から緩和医療に移行する患者さんやその家族の葛藤を考慮に入れた上でどのような介入が望ましいかの検討などです。
また、精神腫瘍学に関連した様々な研修や学会に参加することにより、外部からの新しい知見を臨床場面に積極的に取り入れるようにしています。

 

そのような臨床的な研究を行うと共に、院内外での精神腫瘍に関する啓発活動も行っています。他科の医療関係者や一般市民向けの講義などにおいて、精神腫瘍学についての概論やそれぞれの精神症状の特徴や治療、臨床現場で遭遇する難しい場面に具体的にどのように対処していくかなどをお話ししたり、聴講者と活発に話し合ったりしています。

 

今後も様々な医療機関の方々や患者さんとそのご家族、一般の方々からの意見をお聞きしながら、臨床に役立つ精神腫瘍学の研究をしていきたいと考えています。一番の課題は、研究員の確保です。皆様の御協力をお願いいたします。