四国がんセンター

四がん活動報告2017年7月

日本がん登録全国協議会・第26回学術集会

6月8-10日に愛媛県医師会館(愛媛県松山市)において、当院病理科医長・寺本典弘が会長をつとめる日本がん登録全国協議会・第26回学術集会が開かれました。 全国から多数のがん登録関係者が集まり、がん登録の技術や利用法に関して3日間にわたって議論や研修会が行われました。


会期中、日本がん登録協議会と全国がん患者団体連合会との間でがん登録情報提供に関する協定が締結され、今後協力してがん登録を利用したがん情報を発信していくことが決まりました。大会3日目には科学的根拠に基づくがん対策の重要性や将来像に関する塩崎厚生労働大臣の講演があり、がん登録や対策の重要性が再確認されました。

記念撮影

2017年7月 4日