四国がんセンター

四がん活動報告

がんセンターフォーラム2017~今こそ聞いてもらいたい乳がんの授業~を開催しました

がんセンターフォーラム講演

今年もいよてつ高島屋のローズホールで「がんセンターフォーラム」を開催しました。今年の講演のテーマは「今こそ聞いてもらいたい乳がんの授業」。乳がんの診断治療から就労支援まで1時間半に渡る講演会でしたが、皆さん時折メモを取りながら真剣に聞かれていました。また、乳がんだけでなく、公演後にはすべての診療科の医師とマンツーマンで話せる「よろず相談」を1時間程度行いました。

がんセンターフォーラムは毎年開催のイベントです。今回参加されなかった方も来年度は是非お気軽にご参加下さい。

がんセンターフォーラムで講演する当院緩和ケアセンター長 成本医師

2017年10月 1日

がん哲学外来 坂の上の雲 暖だんカフェ(2017年9月14日)

今年度から月に1回、定期的に開催している「がん哲学外来 坂の上の雲 暖だんカフェ」。回を重ねるごとに参加者が増え、6回目となった今回はこれまでで最も多い19名の参加をいただきました。ボランティアさんの心温まるティーサービスからスタートし、2グループに分かれて参加者同士で自由に語り合う1時間30分の後、森脇臨床仏教師のお話で終了しました。

img_20170914_01.jpg

暖だんカフェは、患者さん、ご家族、友人、医療介護福祉関係者、サポートスタッフが集まり、お茶を飲みながら、気軽に対話できるサロン形式のカフェです。

次回の開催は、10月11日(水曜日)13時30分~15時00分です。どうぞ皆さま、お気軽にご参加ください。
http://www.shikoku-cc.go.jp/support/schedule/2017/10/11-1331.html

四国がんセンターのボランティア活動にご興味がある方はこちらをご覧ください。
http://www.shikoku-cc.go.jp/hospital/guide/volunteer/

2017年9月14日

リレーフォーライフジャパン2017愛媛に参加しました

リレーに参加するがんセンターチーム

毎年、堀之内で開催されているリレーフォーライフに今年も『チーム四国がんセンター』として参加してきました。

このイベントはがん患者さんとその家族を支える・命を繋ぐという思いを込めて仲間と共に夜通しタスキを繋いで歩き続けます。夜通し歩く事はとても大変でしたが最後まで歩ききった後はとても清々しい気分でした。

共に歩いた医師、看護師、事務や放射線技師など色んな職種の仲間との連帯感はこれからの診療の力になると思います。

20170902_02.jpg

リレーフォーライフジャパン2017愛媛のページ:http://relayforlife.jp/ehime/

2017年9月 4日

暖だんを飛び出し、地域の方と一緒に学ぼう企画!!

暖だんと“コミュニティカレッジ”の共同企画:東予編では、2017年8月2日愛媛県総合科学博物館へ行ってきました。

今話題になっている『乳がんと遺伝』について乳腺科の原医師と、金子遺伝カウンセラーのお話を、皆さん熱心に聴かれ、がん検診の重要性を実感した2時間でした。

コミュニティカレッジの様子

次回、南予編は10月11日です。

平成29年度コミュニティカレッジのページ:http://www.i-manabi.jp/topics/?p=16409

2017年8月 2日

日本がん登録全国協議会・第26回学術集会

6月8-10日に愛媛県医師会館(愛媛県松山市)において、当院病理科医長・寺本典弘が会長をつとめる日本がん登録全国協議会・第26回学術集会が開かれました。 全国から多数のがん登録関係者が集まり、がん登録の技術や利用法に関して3日間にわたって議論や研修会が行われました。


会期中、日本がん登録協議会と全国がん患者団体連合会との間でがん登録情報提供に関する協定が締結され、今後協力してがん登録を利用したがん情報を発信していくことが決まりました。大会3日目には科学的根拠に基づくがん対策の重要性や将来像に関する塩崎厚生労働大臣の講演があり、がん登録や対策の重要性が再確認されました。

記念撮影

2017年7月 4日