四国がんセンター:職員募集

採用情報:医師形成・再建・皮膚腫瘍外科

 

常勤

 -随時相談に応じています。-

 ご希望・相談には各診療科の責任医師がお答えします。
 まずは下記のお問い合わせ先にご連絡ください。

  〒791-0280 愛媛県松山市南梅本町甲160
    独立行政法人国立病院機構 四国がんセンター 管理課 庶務班長
    電話番号:089-999-1111 ファックス番号:089-999-1100

 メールでのお問い合わせをご希望の場合は次のフォームから入力してください。
 https://www.shikoku-cc.go.jp/hospital/inquiry/contact/
 (閲覧の目的は ●その他 をチェックしてください)

 

このページの先頭へ 

フェロー

がん専門病院である当院の形成・再建・皮膚腫瘍外科では主にがんや肉腫切除後のマイクロサージャリーを用いた再建術、皮膚悪性腫瘍に対する手術と化学療法、軟部悪性腫瘍手術、皮膚良性腫瘍手術などの治療法、またがん治療後のリンパ浮腫に対する保存的、手術的治療法や褥瘡治療を研修します。

募集要項

応募資格
  1. 全国がん(成人病)センター協議会加盟施設においてレジデント研修を終了した医師、 または当センター採用までに終了見込みの医師
  2. 1.に相当する学識を有する者で5年以上の臨床経験を持つ医師
研修期間 原則として2年間
採用・応募・選考等について 採用予定時期 随時
応募手続き 希望者は下記の担当者(庶務班長)までご連絡ください(メール・電話可)
選考方法 応募書類審査及び面接により行う
応募書類
  1. 履歴書(写真貼付)
  2. 四国がんセンターフェロー願書
    (当センター所定様式:ダウンロードしてご使用ください)
    (PDF:72KB)(ワード:29KB)
  3. 臨床研修・勤務履歴記入表
    (臨床歴を証明する研修修了書などの書類でも可)
  4. 医師免許証の写し(1通)
  5. 上司・指導者の推薦状※
※推薦状の添付は任意ですが、推薦状が添付されている場合、選考の参考にいたします。
選考場所 国立病院機構 四国がんセンター
選考結果 ご連絡差し上げます。
身分・勤務・待遇等 身分 独立行政法人国立病院機構に基づく非常勤職員
  勤務 週32時間勤務
  待遇等
  1. 年収
    独立行政法人国立病院機構の規定による(410万円)
  2. 宿舎
    希望により有償貸与
    ※病院敷地内・駐車場有り(別途料金必要)
  3. 社会保険、雇用保険の適応有
  4. 研修終了後の進路
    希望される場合には国立病院機構及び全がん協加盟施設の正職員として優遇いたします。
  5. その他
    国際・国内学会参加旅費支給制度(支給基準あり)
お問い合せ

臨床研究センター長
四国がんセンター管理課 庶務班長
電話番号:089-999-1111 ファックス番号:089-999-1100

メールフォーム

病院見学 随時、病院見学を受け付けております。
見学申込み書 PDF(PDF:71KB) WORD(docx:24KB)

研修目標

  • 乳がん手術後の各種乳房再建術に助手として参加し、知識を習得する。
  • 頭頸部がん手術後のマイクロサージャリーを用いた再建術に助手として参加する。
  • 肉腫切除後の機能再建および形態再建を骨軟部賞・整形外科と合同で行い、知識と技術を習得する。
  • 外陰がん切除後の再建術を婦人科・泌尿器科・外科と合同で行い、尿路、腟、肛門再建についても知識を深める。
  • 皮膚科悪性腫瘍の標準的な治療法の知識と手術の技術を習得する。
  • 悪性黒色腫やその他の皮膚がんの化学療法についての知識を習得する。
  • 皮膚良性腫瘍の知識と治療法を習得して局所麻酔手術の執刀を行う。
  • リンパ浮腫外来でリンパ浮腫治療の実際を習得する。
  • 最新の褥瘡治療と予防ケアを習得する。

診療科紹介

診療部門のページはこちら

診療実績

2009年度の新患数と手術件数はそれぞれ490名374件。手術の内訳は下記の表の通りで、皮膚腫瘍関連の手術、がん切除後の再建手術が多い。

他科とのチーム医療
外科、形成外科、放射線科の3科合同で乳腺疾患の術前カンファレンスを週1回開催し、診断、手術法、再建方法などを検討し、再建可能と判断された症例全てに再建の説明を行っております。また乳房再建手術のクリニカルパスを活用し医療の標準化、効率化をはかっています。
頭頸科との合同カンファレンスも行ない、頭頸部がんの再建術の検討を行なっています。
手術の内容は手術顕微鏡を用いた血管吻合を応用した食道再建術、腹壁再建術、頭頸部再建術、外陰再建なども積極的に行っています。また下肢静脈瘤の手術療法も手がけています。
外来での局所麻酔下の小手術は年間約200例行なっており、研修医やレジデントの外科基本手技の習得に役立てています。
リンパ浮腫治療は2004年4月1日から特殊外来として開始しています。毎週火曜日の午前中に形成外科医師の診察を、火曜日午後と金曜日の全日にリンパ浮腫ドレナージセラピストの資格をもった看護師によるマッサージと圧迫療法の個別指導を行なっています。
褥瘡治療に関しては毎週褥瘡回診を行い、院内の褥瘡予防から局所処置の指導をWOCN褥瘡委員と一緒に行なっています。
区分 件数
(1)新鮮熱傷 0
(2)顔面骨骨折、顔面外傷 3
(3)唇裂、口蓋裂 0
(4)手足の先天異常、外傷 3
(5)その他の先天異常 1
(6)母斑、血管腫、良性腫瘍 144
(7)悪性腫瘍および再建術 148
(8)瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド 7
(9)褥瘡、難治性潰瘍 5
(10)美容外科 2
(11)その他 61

このページの先頭へ

お問い合わせ先
〒791-0280 愛媛県松山市南梅本町甲160
独立行政法人国立病院機構 四国がんセンター 管理課 庶務班長
電話番号:089-999-1111 ファックス番号:089-999-1100
メールフォーム:https://www.shikoku-cc.go.jp/hospital/inquiry/contact/