四国がんセンター:職員募集

採用情報:医師病理科

常勤

次のとおり、常勤の病理医を募集しています。

職名

病理科医師

募集人数

1名

応募条件・資格等

次の条件を満たす者

(1)病理医としての勤務経験が10年以上の者

(2)病理専門医、及び細胞診専門医の資格を

   有する者

(3)臨床検査専門医の資格を有することが

   望ましい

提出書類 

(1)市販履歴書に写真を添付したもの

(2)医師免許証の写し

(3)病理専門医の資格証の写し

(4)細胞診専門医の資格証の写し

(5)臨検査専門医の資格証の写し

   (該当する場合)

(6)大学の卒業証書の写し、又は卒業証明書

(7)大学院の学位記の写し

   (該当する場合)

   郵送先(問い合わせ先)

〒791-0280

愛媛県松山市南梅本町甲160

独立行政法人国立病院機構

四国がんセンター管理課 庶務班長 宛

 TEL:089-999-1111(代)

  

このページの先頭へ 

 

フェロー

中四国最大の症例数を有するがん専門病院の病理科で、腫瘍を中心とした病理診断の研修が受けられます。常勤病理医3名、細胞診指導医2名、病理担当臨床検査技師7名(内細胞検査士3名)とスタッフ数も中四最大級です。病理診断の手順、検体の処理法、HE・パパニコロウ染色・免疫染色・in situ hybridizationなど新旧の染色法、病理診断業務の実技研修、解剖とCPCを経験できます。短期ローテーションであれば、分野を絞った実務的な病理診断の実習を行い、一例一例を臨床と病理の両面からみる素養を身につけることを目指します。病理専門医・細胞診専門医を目指す長期研修医には、当院症例の全般にわたる研修と過去や現在の膨大な症例を利用した臨床病理学的な研究をサポートします。

募集要項

応募資格
  1. 全国がん(成人病)センター協議会加盟施設においてレジデント研修を終了した医師、 または当センター採用までに終了見込みの医師
  2. 1.に相当する学識を有する者で5年以上の臨床経験を持つ医師
研修期間 原則として2年間
採用・応募・選考等について 採用予定時期 随時
応募手続き 希望者は下記の担当者(庶務班長)までご連絡ください(メール・電話可)
選考方法 応募書類審査及び面接により行う
応募書類
  1. 履歴書(写真貼付)
  2. 四国がんセンターフェロー願書(当センター所定様式:ダウンロードしてご使用ください) (PDF:72KB)(ワード:29KB)
  3. 臨床研修・勤務履歴記入表(臨床歴を証明する研修修了書などの書類でも可)
  4. 医師免許証の写し(1通)
  5. 上司・指導者の推薦状※
※推薦状の添付は任意ですが、推薦状が添付されている場合、選考の参考にいたします。
選考場所 国立病院機構 四国がんセンター
選考結果 ご連絡差し上げます。
身分・勤務・待遇等 身分 独立行政法人国立病院機構に基づく非常勤職員
  勤務 週32時間勤務
  待遇等
  1. 年収独立行政法人国立病院機構の規定による(410万円)
  2. 宿舎希望により有償貸与 ※病院敷地内・駐車場有り(別途料金必要)
  3. 社会保険、雇用保険の適応有
  4. 研修終了後の進路希望される場合には国立病院機構及び全がん協加盟施設の正職員として優遇いたします。
  5. その他国際・国内学会参加旅費支給制度(支給基準あり)
お問い合せ

臨床研究センター長 四国がんセンター管理課 庶務班長 電話番号:089-999-1111 ファックス番号:089-999-1100

メールフォーム

病院見学 随時、病院見学を受け付けております。見学申込書 PDF(PDF:71KB) WORD(docx:24KB)

診療科紹介

診療部門のページはこちら

病理組織診件数 約9000件、細胞診件数 11000件

カンファレンス:各臓器別カンファレンス(乳腺・婦人科・前立腺・消化器・呼吸器・リンパ腫・頭頚部など)、および細胞診カンファレンス(毎日)、がんネットの多地点病理カンファレンスなど

カンファレンス風景

このページの先頭へ

お問い合わせ先
〒791-0280 愛媛県松山市南梅本町甲160
独立行政法人国立病院機構 四国がんセンター 管理課 庶務班長
電話番号:089-999-1111 ファックス番号:089-999-1100
メールフォーム:https://www.shikoku-cc.go.jp/hospital/inquiry/contact/