四国がんセンター:職員募集

採用情報腫瘍内科専攻医・修練医

特徴

四国がんセンターは愛媛県のがん拠点病院として、がん診療に豊富な実績を誇っています。
当院の特徴として

  • がん薬物療法専門医の取得に必須である、乳腺・呼吸器・血液・消化器の各化学療法専門医がおり、適切な指導の下で豊富な症例を経験できる。
  • 外来化学療法を積極的に行っている。(年間1万件超)
  • 緩和ケア内科、放射線治療科あるいは病理診断科などへのローテーションも可能である。
  • 新薬のグローバル治験や国内の多施設共同臨床試験に数多く参画している。
  • がん診療に専門性の高い薬剤師、看護師も多数勤務し、チーム医療が充実している。

といった点が挙げられます。エビデンスに基づいた標準治療から、臨床試験による最新の治療まで多数の症例を幅広く学ぶ事が出来ます。さらに当院からがん薬物療法専門医を取得した修練医も複数おり、専門医取得に関しては最適の環境です。

またがん専門看護師や薬剤師を含む、がん化学療法に造詣の深いコメディカルステッフも多数勤務しており、がん患者さんに対するチーム医療の実践修得も可能です。

腫瘍内科としてがん薬物療法を学びたい方、消化器・血液・乳腺・呼吸器を専門としてがん薬物療法を学びたい方、緩和ケア内科や放射線治療医などを目指す方でがん薬物療法を学びたい方、色々な研修パターンに対応しますので、興味のある方はご連絡ください。

このページの先頭へ

研修内容・目標

腫瘍内科医として、消化器がん・肺がん・乳がん・血液腫瘍を中心に、薬物療法の対象となる悪性腫瘍を多く経験していただきます。その中で各疾患の診断から標準治療、支持療法、臨床試験まで幅広く研修を行います。並行して「日本臨床腫瘍学会専門医のための研修カリキュラム」に準拠して、臨床腫瘍学についても研修を行います。また腫瘍内科医として、緩和医療にも携わっていただき、緩和治療とインフォームドコンセント技術も学んでいただきます。

目標

  1. 様々な悪性腫瘍に対する標準的治療法の修得と治療方針の決定
  2. 臨床試験の内容の理解と実施能力の修得
  3. 化学療法に対する支持療法の修得
  4. 様々な症状に対する緩和医療の修得
  5. がん患者に対するコミュニケーションスキルとインフォームドコンセント技術の修得
  6. がん医療における医療スタッフとのチーム医療の実践能力の修得
  7. 学会発表、論文作成法の修得
  8. 内科認定医(取得していない場合)・がん薬物療法専門医・がん治療認定医・希望があれば各臓器専門医の取得、内視鏡(消化器、呼吸器)専門医の取得など

カリキュラムの一例(2年コース)

2年目に緩和ケア科、放射線科(診断科・治療科)、病理科、婦人科、泌尿器科なども選択可

カリキュラムの一例(2年コース)

1年目に消化器・呼吸器・乳腺・血液の症例を横断的に経験

このページの先頭へ

指導医

  • 野上 尚之(呼吸器)
  • 上月 稔幸(呼吸器)
  • 原田 大二郎(呼吸器)
  • 吉田 功(血液腫瘍)
  • 原 文堅(乳腺)
  • 仁科 智裕(消化器)
  • 梶原 猛史(消化器)
  • 松本 俊彦(消化器)

このページの先頭へ

専門医の人数

  • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医 7名
  • 日本血液学会血液内科専門医 2名
  • 日本消化器病学会専門医 8名
  • 日本呼吸器病学会専門医 3名
  • 日本乳癌学会専門医 7名

このページの先頭へ

募集要項

お問い合わせ先
〒791-0280 愛媛県松山市南梅本町甲160
独立行政法人国立病院機構 四国がんセンター 管理課 庶務班長
電話番号:089-999-1111 ファックス番号:089-999-1100
メールフォーム:https://www.shikoku-cc.go.jp/hospital/inquiry/contact/