四国がんセンター:医療関係者の方へ

Special recommended references for oncologists 2017年

ソラフェニブ不応肝細胞癌に対するレゴラフェニブの第Ⅲ相試験

ソラフェニブ不応肝細胞癌に対するレゴラフェニブの第Ⅲ相試験

去年(2016年)6月30日、第18回世界消化器癌学会(バルセロナ)で公表されたピボタル試験の論文である。切除不能進行肝細胞癌の標準治療であるソラフェニブ療法で画像進行した患者に対するレゴラフェニブのプラセボ対照二重盲検ランダム化第Ⅲ相で、21カ国152施設が参加し843例が登録された。レゴラフェニブ群の生存期間中央値は10.6ヶ月であり、プラセボ群(7.8ヶ月)に比較して有意な延長がみられた。頻度の高い重要な副作用は高血圧、手足皮膚反応、疲労、下痢であった。レゴラフェニブ治療関連死は2%であった。
ソラフェニブ登場以来10余年にわたる数多の第Ⅲ相試験の歴史で初めての成功例であり喜ばしい限りであるが、ソラフェニブと同系統薬であるところが痛し痒しである。

2017年1月4日  石井 浩

<< 前の10件  1  2  3  4