四国がんセンター:医療関係者の方へ

Special recommended references for oncologists 2017年4月

ステージ4膵がんの遠隔成績は遠隔転移の部位により大分違う

ステージ4膵がんの遠隔成績は遠隔転移の部位により大分違う

SEERデータベースを用いた疫学研究である。ステージ4の膵がん13,233例を対象に、遠隔転移部位(肝、肺、骨、脳、遠隔リンパ節)別にみた生存時間解析を行った。肺転移単独群および遠隔リンパ節単独群の全生存時間および膵がん特異的生存時間は、肝転移単独群と比較してそれぞれ有意に良好であった(P<0.0001)。多変量解析では65才未満、白色人種、既婚者、女性、原発巣と転移巣の手術が、全生存時間および膵がん特異的生存時間について予後良好因子であった。
肺転移単独もしくは遠隔リンパ節単独のステージ4膵がんに局所療法を適応する理論的根拠になるかもしれない。

2017年4月17日  石井 浩

喫煙習慣は膵がんの予後不良因子:禁煙は今からでも遅くない

喫煙習慣は膵がんの予後不良因子:禁煙は今からでも遅くない

喫煙は膵がん発症のリスク因子であるが、喫煙が膵がん患者の予後因子であるかはよくわかっていなかった。本論文は米国の大規模な前向きコホート研究により喫煙状況と膵癌遠隔成績との関連を調べたものである。対象は1986年から2013年までに診断された1037例の膵がんであり、うち485例では診断前のコチニン血中濃度を評価した。コチニンはニコチン代謝物質であり、その血中濃度は喫煙曝露量と比例する。コチニンレベルによって対象を非喫煙者、軽度喫煙者、高度喫煙者に3分割した。
非喫煙者に対する喫煙者の死亡危険比は1.37(95%信頼区間:1.11-1.69)であった。また、1日のタバコの箱数×年数(pack years)は死亡危険を有意に増加させ、非喫煙者に対する60 pack-yearsの死亡危険比は1.49であった。禁煙車の生存期間は禁煙からの期間に関わらず非喫煙者の生存期間とほぼ同等であった。非喫煙者に対する高度喫煙者の死亡危険比は1.76であった。さらに、診断5年以上前のコチニン測定で高度喫煙者と判定された場合、非喫煙者に比べて2.47倍死亡危険リスクが高かった。
喫煙習慣は膵がん患者の明らかな予後不良因子である。今からでも禁煙は遅くない。

2017年4月5日  石井 浩

1