四国がんセンター:医療関係者の方へ

Special recommended references for oncologists 2016年7月

肝細胞がんに対する経皮的ラジオ波焼灼療法 vs. 定位放射線療法

肝細胞がんに対する経皮的ラジオ波焼灼療法 vs. 定位放射線療法

ミシガン大学における経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)と定位放射線療法(SBRT)の後ろ向き観察研究。8年間にRFAで治療した161例とSBRTで治療した63例の比較。
主腫瘍径(1.8 vs. 2.2 cm)や結節数など背景は近似していたが、SBRT群は比較的肝予備能良好、AFP値は高値で、局所的な前治療歴が多かった。1年後、2年後の局所制御割合はそれぞれRFA:83.6%、80.2%、SBRT:97.4%、83.8%であった。局所制御と腫瘍径との関連は、SBRTでは明らかではないものの、RFAは腫瘍径が大きいほど局所制御は低下し、2 cmを超えるとSBRTが有意に良好であった。SBRTは切除不能である肝細胞がん例のやや大きい結節に対する一次治療としてリーズナブルである。
 
台湾の先生からRFA擁護のレター:RFA群の背景が不利でフェアではない。RECISTで局所再発判定はいかがなものか。
 
スイスの先生からSBRT優性は周知の事実とのレター:TACEとのランダム化試験の方が興味あり。
 
ついにRFAの牙城に迫ってきた放射線療法。次の標的は肝切除、刺客は陽子線療法。乞うご期待。
 

2016年7月19日  石井 浩

転移のない膵がん(localized pancreatic cancer)に対する治療の進歩

転移のない膵がん(localized pancreatic cancer)に対する治療の進歩

原著論文「切除可能境界例に対するmFFX療法・カペシタビン化学放射線療法の逐次術前補助療法:A021101」と同じ2016/6/8発行のJAMA Surgery に掲載されたレビューです。
化学療法、放射線療法の進歩により、切除可能性が高まり、膵がん治療の遠隔成績の向上が期待されている現状が理解できます。

2016年7月11日  石井 浩

切除不能原発性肝がんに対する高用量陽子線療法の第Ⅱ相試験

切除不能原発性肝がんに対する高用量陽子線療法の第Ⅱ相試験

米国3施設(マサチューセッツ総合病院、MDアンダーソンがんセンター、ペンシルバニア大学)共同の陽子線療法試験です。対象はキャンサーボードで切除不能と判断された原発性肝がん83例(肝細胞がん(HCC)44、肝内胆管がん(ICC)37、混合型肝がん2)です。HCCの31%、ICCの61%が既治療例、最大腫瘍径中央値は5-6cm、HCCの27%、ICCの12%が多発例、脈管浸潤はHCC、ICCともに3割弱で陽性でした。67.5GyE/15fractions目標で照射量中央値は58.0Gyでした。主要評価項目である2年局所制御割合(目標80%超)はHCC:94.8%、ICC:94.1%で、2年全生存割合はHCC:63.2%、ICC:46.5%でした。これらの良好な結果をもとに、現在、HCCに対する放射線療法 vs. 陽子線療法、ICCに対する化学療法±放射線療法の第Ⅲ相試験の計画が進行中です。
局所制御割合90%超なら小型HCCに対する経皮的ラジオ波焼灼療法に遜色なく、コストを度外視すれば痛みも少なく患者に優しい治療として歓迎されるでしょう。

2016年7月4日  石井 浩

1