四国がんセンター:医療関係者の方へ

Special recommended references for oncologists 2016年2月

局所進行膵がんに対するゲムシタビン併用重粒子線療法

局所進行膵がんに対するゲムシタビン併用重粒子線療法

千葉市稲毛にある放射線医学研究所、重粒子線医科学センターでの膵がん治療成績の報告である。ゲムシタビン同時併用で重粒子線照射療法を漸次増加させ、最大耐用線量を検討した。76例が試験に参加、ゲムシタビン1000mg/m2に対し55.2 GyEまで安全に併用照射可能であった(最大耐用線量に到達せず)。高線量群の2年生存割合は48%であった。

FOLFIRINOX療法もしくはゲムシタビン+ナブ・パクリタキセル療法を用いた局所進行膵がん患者の全生存期間は1.5年-2年が予想され、重粒子線療法の成績が極めて良いかは微妙である。

2016年2月22日  石井 浩

肝細胞がんに対するDEB-TACE±ソラフェニブ:SPACE試験

肝細胞がんに対するDEB-TACE±ソラフェニブ:SPACE試験

Intermediate stageの肝細胞がんに対する標準治療はTACE(血管塞栓化学療法)である。SPACE試験は標準治療:TACEに対する試験治療:TACE+ソラフェニブの優位性を二重盲検でランダム比較した試験である。腫瘍評価項目であるTTP(Tome To Progression)は標準治療、試験治療それぞれ166日、169日(ハザード比0.797、P=0.076)であり、残念ながらソラフェニブの上乗せ効果はみられなかった。DEB(Doxorubicin-Eluting Beads)は本邦に導入されて間もなく、また本試験で用いられたスケジュールされたTACE運用が日本ではなじまないことから、TACEとソラフェニブのmarriageが潰えたと未だ考えたくないところである。

2016年2月4日  石井 浩

進行腎がんに対するカボザンチニブ対エベロリムス

進行腎がんに対するカボザンチニブ対エベロリムス

一方、カボザンチニブも既治療の転移性腎がんに対してエベロリムスをコントロールに試験が行われ、無増悪生存率は7.4ヶ月対3.8ヶ月、有効率は21%対5%と良好だったものの、G3/4の有害事象は68%対58%だったと報告されました。この2剤の出現により転移性腎がんの治療体系は今後大きく変わることが予測されます。

2016年2月1日  橋根 勝義

進行腎がんに対するニボルマブ対エベロリムス

進行腎がんに対するニボルマブ対エベロリムス

待ちに待った免疫チェックポイント阻害薬、ニボルマブ(PD-1阻害薬)のデータが腎がんでも公表されました。また、全く同じ号にチロシンキナーゼ阻害薬の新薬、カボザンチニブのデータも公表されました。ニボルマブは、既治療の転移性腎がんに対してエベロリムスをコントロールに試験が行われ、全生存率は25.0ヶ月対9.6ヶ月、有効率は25%対5%、G3/4の有害事象は19%対37%といずれにおいても良好な結果でした。

2016年2月1日  橋根 勝義

1