四国がんセンター:医療関係者の方へ

部署案内:診療科・各診療部門案内:泌尿器科新着情報

2018年3月9日

前立腺がんに対する前立腺全摘除術は、手術手技の向上により術後の最大の合併症である尿失禁に関しても良好な成績を収めるようになってきました。特に最近急速な進歩を遂げてきたロボット支援手術ではさらに成績が良くなっています。しかし、ロボット支援手術をもってしても術後の尿失禁は残念ながらゼロにはなっていません。中には1日の尿パッド使用枚数が5枚以上必要な方もおられます。これまでは尿失禁に対しては薬物療法が主体でしたが、十分な効果があるとは言えず、尿失禁に関しては有効な治療法がありませんでした。しかし、人工尿道括約筋が開発されてようやく尿失禁の改善が出来るようになりました。当院でもこの手術を2年前より開始し、良好な結果とともに、患者さんにも満足していただけるようになりました。1日の尿パッドが5枚以上必要な前立腺全摘除術後の患者さんは一度相談に来て下さい。もちろん他院で手術を受けていても問題ありません。

人工尿道括約筋埋め込み術に関する説明書(PDF:160KB)

(文責:橋根)

このページの先頭へ

2018年1月29日

ホームページを更新しました。2017年の臨床統計および手術実績をアップしています。
ロボット支援手術は現在前立腺全摘除術と腎部分切除術にしか保険適応がありませんが、当院ではこれらの手術も1日2例可能になり、初診から1~2ヶ月以内に手術可能です。現在まで約300例に対して行っており、手術成績も良好です。腎がんや尿路上皮癌(膀胱がん・腎盂尿管癌)に対する免疫チェックポイント阻害剤(オプジーボやキートルーダ)も安全に治療できています。

(文責:橋根)

このページの先頭へ

2017年1月29日

ホームページを更新しました。2016年の臨床統計および手術実績をアップしています。
ロボット支援前立腺全摘除術はこれまでに約200例に対して行い、その手術成績も良好です。また、ロボット支援腎部分切除術も1日2例可能になり、ロボット支援手術は受診から2ヶ月以内に可能です。昨年話題になった免疫チェックポイント阻害剤のオプジーボもすでに安全に使用できています。

(文責:橋根)

このページの先頭へ

2016年10月10日

今年4月から、腎悪性腫瘍手術に対するロボット支援腎部分切除術(PDF:980KB)が保険診療で行えるようになりました。当院でもすでに開始しています。これまで、腎部分切除術は開腹手術か腹腔鏡手術しかありませんでした。腹腔鏡での腎部分切除術はこれまで困難な症例も多くみられましたが、ロボット支援手術が可能になったことで、腹腔鏡の欠点を補いさらに安全に低侵襲で行えるようになりました。当科では腎部分切除術はこれまでも腹腔鏡で50例以上に行っており、その手術成績も良好です。今回、ロボット支援手術が開始になったことでさらに成績が良くなるものと期待されます。

(文責:橋根)

このページの先頭へ

2016年1月29日

ホームページを更新しました。2015年の臨床統計および手術実績をアップしています。昨年はロボット支援手術が軌道に乗り、症例数も増えました。現時点で80例を超え、手術成績もすでに安定しています。 前立腺がんの治療の中で去勢抵抗性前立腺がんの項目を追加しました。また、前立腺全摘除術後の尿失禁に対する手術として、人工尿道括約筋植込・置換術を開始しました。その説明文書も掲載しています。前立腺全摘除術後で1日に尿パッドが5枚以上必要な重度の尿失禁の方は一度相談に来てみてください。

(文責:橋根)

このページの先頭へ

2015年1月29日

2014年の臨床統計および手術実績をアップしました。昨年はダ・ヴィンチによる前立腺がんの手術療法であるロボット支援根治的前立腺全摘除術が開始になり、当科は前立腺がん手術のすべての術式に対応可能となりました。従来の開腹手術は600例以上、通常の腹腔鏡下手術も300例以上行っており、いずれの手術も安全に行え、しかも患者さんの状況に応じて選択が可能です。また、前立腺がんの治療は手術だけでなく、放射線治療をはじめ多くの治療法があります。当科はいずれの治療においても多くの実績を有しております。
がん治療で重要なことの一つに、「標準治療の適格な実行」があげられます。当科ではこの事を理念の一つに掲げ診療に携わっています。

(文責:橋根)

このページの先頭へ

2014年10月30日

ウイークリーえひめリックに前立腺がんについての記事が掲載されました。

ウイークリーえひめリック10月30日号掲載(PDF:332KB)

このページの先頭へ

2014年10月8日

がん情報にある前立腺がんのページ内容を一新しました。
ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術の案内もしております。

このページの先頭へ

2014年6月13日

がん情報の精巣がん・治療についてのページにTIP療法とGEMOX療法の同意書、膀胱がん・診断についてのページに『3.経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-BT)』の項目を追加しました。

このページの先頭へ

2014年4月15日

がん情報に精巣がん陰茎がん副腎腫瘍を追加しました。

このページの先頭へ

2014年1月29日

2013年の臨床統計をアップしました。前立腺癌の手術療法である腹腔鏡下前立腺全摘除術はすでに300例となり、安定した術式になっています。また、浸潤性膀胱癌に対して、術後のQOL低下を最小限にするために積極的に新膀胱をすすめており、こちらも安定した術式になっています。

このページの先頭へ

2013年11月8日

がん情報の腎がん腎盂尿管がんのページを更新しました。

このページの先頭へ

2013年6月22日

リビングまつやまにPSA検診の記事が掲載されました。

リビングまつやま平成25年6月22日号掲載(PDF:340KB)

このページの先頭へ

2013年2月1日 新着情報

2012年の手術実績および臨床統計をアップしました。

このページの先頭へ