四国がんセンター:医療関係者の方へ

部署案内:診療科・各診療部門案内:泌尿器科:がん情報:前立腺がん診断

解剖と疫学

前立腺の位置

前立腺は男性の膀胱の下にある栗の実大の器官で、発生から増殖・成長まで男性ホルモンに依存しています。前立腺の働きは、前立腺液を分泌して、精子の運動・保護に関与したり、排尿にも関与したりしています。 過形成のない正常前立腺は加齢に従って萎縮していましたが、食生活の欧米化により現在では80%以上の人に前立腺肥大が発生しています。
前立腺に発生する腫瘍には良性疾患の前立腺肥大症と悪性疾患の前立腺がんがあります。肥大症の症状は排尿困難や残尿感、夜間頻尿などがあります。前立腺がんもこれらの症状が出ることがありますが、初期には全く症状がないことがほとんどです。がんの進行に伴い、いろいろな症状が出てきます。

前立腺がんは、社会の高齢化や食生活の欧米化に伴い、その発生率は非常に増加しています。2010年にがんになった男性の内で前立腺がんの罹患率(発生率)は第3位です(1位:胃がん、2位:肺がん)。2020年には胃がんを抜いてトップになると予測されています。

このページの先頭へ

診断

前立腺がんを予防することはまだ不可能ですが、診断方法は確立されています。血液検査(PSA:腫瘍マーカー)のみでがんの疑いのある人を見つけることができます。PSAとは、Prostate Specific Antigen(前立腺特異抗原)の略語で、前立腺で作られるタンパク質の一種です。正常の前立腺でも産生されますが、がん細胞で多く産生されることから、前立腺がんでは血液中の数値が高くなります。疑いのある人には前立腺生検を行い、確定診断がえられます。せっかく血液検査で異常が指摘されても、生検を受けなければ意味がありませんので検査はぜひ受けるようにしてください。
前立腺がんは血液検査のみで疑いのある人とない人を区別できます。どこでも検査可能で、精度も高く、数値で客観的に示されるため、検診にも非常に向いています。検診を導入すれば前立腺がんの死亡率が減少したという研究結果も欧米から報告されています。早期発見できれば前立腺がんは根治できるようになっています。検診を受け早期発見につとめましょう。

グリソンスコア

顕微鏡で前立腺がんを観察した場合に、がんの悪性度を5段階に分類しスコア化します(1-5)。この分類をグリソン分類と呼びます。面積の広い2つの組織像のグリソン分類を加算したものをグリソンスコア(2-10)とよび、悪性度の指標にします。グリソンスコアは点数が高いほど悪性度が高く進行の早いがんといえます。このグリソンスコアとPSA、臨床病期を組み合わせてリスク分類がなされ、治療方針が決まります


このページの先頭へ

臨床病期(CT、MRI、骨シンチの結果)

TNM分類

上記の中で、T1とT2が早期がんになります。また、転移のない限局癌には以下のリスク分類があります。このリスク分類は根治療法がなされた場合の再発の危険性を元に分類されており、治療法決定に役立ちます。

  PSA グリソンスコア 臨床病期
超低リスク 10ng/ml未満 6まで
生検陽性2本まで
陽性の中で面積50%以下
T1c
低リスク 10ng/ml未満 6まで T1c,T2a
中間リスク 10-20ng/ml 7 T2b-T2c
高リスク 20ng/ml超 8以上 T3a
超高リスク T3b-T4

リスク分類は数種類あり、施設によって若干違いますが、当院では上記のリスク分類を採用しています。

このページの先頭へ

予後

TNM別予後

2004年に日本泌尿器科学会から右図のデータが公表されました。
転移の無い症例では5年がん特異生存率(がんが原因で亡くならない)は98.4%、リンパ節転移や骨転移がある症例では、64.2-66.7%、臓器転移がある症例では56.8%でした。

(文責:橋根、2014年9月)

このページの先頭へ