四国がんセンター:医療関係者の方へ

部署案内:診療科・各診療部門案内:婦人科子宮頸がんに対する予防ワクチン接種のお知らせ

はじめに

四国がんセンターではワクチン(サーバリックス)の接種が可能となりました。
発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)感染を予防することで、子宮頸がんの発症が減少するとされています。
子宮頸がん予防には子宮がん検診とワクチンが効果的です。ワクチンは検診の代わりにはなりません。必ず子宮がん検診を受けましょう。
ワクチンは初回、1ヶ月後、6ヵ月後、の3回接種します。当院では来院して申し込みをし、面談日を予約し、接種3回で合計5回の来院となります。

このページの先頭へ

ワクチン接種にあたって

次の方は接種をしません

  1. 妊娠中の方、妊娠の可能性のある方、授乳中の方、免疫系に異常のある方、過去のワクチン接種(HPVワクチンを含む)で体調に異常のあった方。
  2. 他のワクチン接種を受けた方は間隔をあけます。本ワクチン接種後に他のワクチンを受ける時も担当者に相談してください。

注意:ワクチン接種で重いアレルギー反応が出ることがあります。接種後30分は院内で安静にしてください。

このページの先頭へ

ワクチン接種の流れ

  1. 来院して、総合受付カウンター2番でワクチン接種の申し込みをしていただきます。
    お電話での申し込みはお受けできません。
  2. 対象は10歳以上の女性です。未成年(高校生まで)の方は保護者同伴で来院してください。
  3. 申し込み手続き後、予約センターでワクチン接種の説明面談日の予約をしていただきます。金曜日の14時~15時までの間、1日3名までとさせていただきま す。面談は全額自費になります。面談料金3,046円。当日に他の診療科を受診することはできませんのでご了承ください。
  4. 婦人科外来で面談し、接種の可否を判定させていただきます。接種可能な方は同時に予約センターで接種日の予約をしてください。接種は毎週金曜日の15時~16時の間で行います。初回接種日、1ヵ月後、6ヵ月後の3回の予約をしてください。
  5. 1回の接種費用が16,200円、3回で48,600円、面談判定料を含めて合計51,646円になります。全額自費になります。
  6. 電話による問い合わせは、がん相談支援センター
がん相談支援センター
電話番号:089-999-1114(直通)
受付時間:8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝日除く)