四国がんセンター:病院をご利用の方へ

部署案内医療安全管理室

医療安全管理室とは

四国がんセンターでは、がん基幹医療施設として、がん医療専門病院として、医療水準の向上に努めると共に、心のこもった医療を実施していくことを心がけています。

また、患者さんと信頼関係を高めるために医療関係者とのパートナーシップが大切なことと考えています。病院全体で組織的に、安全管理に配慮すると共に「説明と同意(インフォームドコンセント)」「情報開示」「セカンドオピニオン」などにより、患者さんが自分で自分の医療を選択できるように努めています。今後の医療においては、患者さんと医療関係者が対等な関係で、お互いの信頼に根ざしたパートナーシップを築いていくことが大切であると考えています。そのために、私たち医療関係者は患者さんと力を合わせて適切な医療を進めて行きたいと考えています。

当院は、「患者の立場にたち人格を尊重し、科学と信頼に基づいた最良のがん医療を提供します」を理念に掲げ、医療の質を保証し患者の過誤や損傷を防ぐことを医療安全の重要な要素として取り組んでいます。

しかしながら医療はもともと不確実なものであり、「TO ERROR IS HUMAN:過ちは人の常」という言葉のとおり、いつでも、どこでも、誰でもが医療事故を起こす可能性があり、このことを前提に、一人一人が事故防止の重要性を自覚すると共に、全ての職員がマニュアルを熟読し、最善の注意を払うよう努めています。

医療安全管理室は、医療の現場で起こったインシデント(出来事や事故)の情報を収集し分析することで、同じ過ち繰り返さない取り組みや過ちを未然に防ぐ取り組みを行っている部署です。

このページの先頭へ

患者さんへのお願い

入院する際に他の病院でもらっている薬があれば、そのもらっている薬、薬剤情報提供書またはお薬手帳をご持参ください。

服用している薬によっては、予定している手術が出来なくなったり、併用することで重篤な症状がでることがあります。