四国がんセンター:病院をご利用の方へ

受診・入院・お見舞いにあたって:患者さんの権利とお願いカルテ開示(診療情報の提供)

診療情報の提供とは?

「診療情報の提供」とは、診療の過程で得られた患者の身体状況、病状、治療等の情報を提供することをいいます。

提供には、「診療内容の説明」と「診療録等(いわゆるカルテ等)の開示」により行うこととされておりますが、当院では、まず診療中に口頭による説明や説明文書の交付により、診療内容についての丁寧な説明を行うことを原則としておりますが、診療中の説明以外にも患者本人の申請により、診療録等の開示を行っております。

ただし、診療録等の開示につきましては、患者の「個人情報」を扱うという観点から当院内の診療録等諸記録開示委員会の審査にて開示の決定を行うこととしておりますので、ご理解をお願いいたします。

このページの先頭へ

診療録等の開示を求めることができる対象者とは?

診療記録の開示を求めることができる対象者は、原則として、当該診療に係る患者本人、並びに患者本人の指名した親族又はこれに準ずる者です。ただし、患者本人の判断能力が欠如していると判断される場合には、法定代理人、及び実質的に患者のケアを行っている親族又はこれに準ずる者も対象者となります。

特例として、患者本人が入院中に死亡した場合など、患者本人が意思表示をすることができなかった場合で、遺族との信頼関係確保の観点から、主治医が必要と認める場合には、診療録等諸記録開示委員会で慎重に審査した上で開示の対象者とすることができます。(この場合の遺族とは、配偶者、子、父母およびこれに準ずる者をいいます。)

このページの先頭へ

診療録等の開示申請の方法

  1. 診療録等の開示申請をされる場合は、病院所定の診療録等開示申請書に必要事項を記入の上、申請をお願いいたします。なお、開示に併せて口頭による説明や説明文書の交付を求めることもできます。
  2. 患者本人のプライバシー保護を重視するため、申請に際しては「患者本人であることを確認できる証明書(運転免許証等)」「患者本人との関係が分かる証明書(保険証、戸籍謄本等)」をご持参いただきますようお願いいたします。
    ※開示対象者であるとの確認ができない場合や不明確な場合には開示はできません。

このページの先頭へ

開示手数料について

開示請求手数料は、1件につき300円になります。開示実施手数料に関しては、開示方法により変わりますので、詳しくは、お問い合せくださいますようお願い申し上げます。

このページの先頭へ

カルテ開示に関する問い合わせ先

〒791-0280 愛媛県松山市南梅本町甲160
国立病院機構 四国がんセンター 企画課 専門職
電話番号:089-999-1111(代表) ファックス番号:089-999-1166

※お問い合わせの際には、「カルテ開示について」とお知らせください。