四国がんセンター:病院をご利用の方へ

受診・入院・お見舞いにあたって:患者さんの権利とお願い包括同意

1.はじめに

四国がんセンターは四国で唯一のがん専門病院であり、最善のがん治療を提供するとともに、がんの病態解明や治療開発のための最新の医学研究を行っています。

このページの先頭へ

2.診療に伴い発生する試料等について

あなたが四国がんセンターで診療を受けられますと、あなたの病気やあなた自身に関するいろいろな検査試料や診療情報が集められます。それらの主なものは病歴(カルテ)、レントゲン写真や内視鏡写真などの画像情報、血液や尿などの検査試料、診断のための生検(胃内視鏡検査などの際に組織の一部を採取すること)試料、手術で切除した組織やその写真などです。以下、これらを「診療に伴い発生する試料等」と総称することにします。

このページの先頭へ

3.診療に伴い発生する試料等の利用

診療に伴い発生する試料等はあなたの診療に必要なものとして採取・保管されますが、その後診療上不必要となった場合でも医学研究のための大切な試料となることがあります。みなさまに現在提供している診断や治療も、このような過去の試料による医学研究の賜物であることが少なくありません。四国がんセンターではこれからもみなさまの試料をがんの病態解明や治療開発のための研究材料として利用したいと考えています。

このページの先頭へ

4.包括的同意とは

包括的同意とは、診療に伴い発生する試料等について将来の研究に利用することを予め同意していただくことです。包括的同意で行う研究では、新たな採血や検査は行いません。なお、医学研究の内容については、その都度当院の倫理審査委員会で十分審議されます。これにより承認された範囲で、患者さんの不同意の意思表示がない場合にはその試料等を医学研究に使用させていただきます。

このページの先頭へ

5.自由意思による参加、拒否および撤回

研究への試料提供は自由意思によりますが、原則として不同意の意思表示がない場合には同意があったものとみなし、試料等を研究に使用させていただこうと思います。不同意の場合や、同意を撤回する場合には、病院2階がん相談支援センター受付と病棟スタッフステーションに「試料等の研究目的利用に関する不同意書」をご用意しておりますので、これに必要事項をご記入の上、主治医にご提出ください。なお、不同意の場合でも、診療で不利益を受けることは一切ありません。

このページの先頭へ

6.遺伝子検査について

がんをはじめとする病気の一部は遺伝子の変化により発生することが明らかとなっています。したがって、われわれの行う医学研究でも遺伝子の変化を調べることがあります。遺伝子には「親から子へと受け継がれる遺伝子」と「親から子へ受け継がれない遺伝子」があります。「親から子へと受け継がれる遺伝子」については、この包括的同意の対象ではなく、必ず研究の都度患者さんの同意・不同意について確認し、同意が得られた場合のみ試料を研究に利用します。 一方、「親から子へと受け継がれない遺伝子」の解析はこの包括的同意の対象となります。 その場合でも必ず倫理委員会で検討し、国の定める倫理指針にのっとって実施します。

このページの先頭へ

7.個人情報の保護

これらの試料が医学研究に用いられる場合、試料等は匿名化して取り扱われ、個人情報が外部に漏れないよう最大限の努力が払われます。これらの試料等を医学研究のために利用する際には、個人情報との照らし合わせが必要になることがありますが、個人情報識別管理者のみが個人情報との照らし合わせが可能となります。また、これらの試料等を利用した医学研究の成績が、学会や科学専門誌などで発表される場合がありますが、個人が特定できるような発表はいたしません。

このページの先頭へ

8.包括的同意を利用した医学研究の公開

四国がんセンター倫理審査委員会で承認された包括同意を利用した医学研究は、四国がんセンター臨床研究センターホームページ(http://www.shikoku-cc.go.jp/research/)および院内掲示板に掲載され公開されます。

このページの先頭へ

9.最後に

がん治療の最前線に位置する病院として、われわれは日々努力を続けております。今後もますます、がん患者さんによりよい医療が提供できるために、診療に伴い発生する試料等を医学研究に利用させていただくことについて、ご理解ご協力をお願い申し上げます。

国立病院機構四国がんセンター 院長

このページの先頭へ

問い合わせ窓口

がん相談支援センター
受付時間:8時30分~17時15分(土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始を除く)
電話番号:089-999-1114