四国がんセンター:病院をご利用の方へ

患者さんサポート情報/その他の情報:院内患者会や公開講座など:まろんの会紹介(胃がん):胃がんの手術を受ける方のために胃がん治療法について

内視鏡的治療

胃カメラを用いて、がんの病巣を切除する方法です。

内視鏡説明図

胃がんの広がりが浅くて小さく、さらに分化度がよい場合に行います。
したがってCTなどの検査でリンパ節転移がある可能性が高いとか、小さくても胃がんの広がりが深い場合には行われません。
また、切除した標本をよく調べて、がんが残っている可能性が高い場合や、考えているより深いところまで、がんが広がっている場合は、手術をしなければならないこともあります。

内視鏡的治療の説明図

このページの先頭へ

手術治療

A.縮小手術

胃を大きく取らず、一部のみをとる手術です。

腹腔鏡という内視鏡を使うか、もしくは小さな傷で胃の一部のみを切り取る手術です。
リンパ節は、同時には取りませんので、リンパ節転移の可能性があるときは行いません。
胃は、ほとんどが残りますので術後の症状も少なくてすみます。
また胃の出口を残す手術(幽門温存手術)や、胃に入る神経を温存する手術もあります。

手術例:胃の出口(幽門)を保存して胃を切除します。
縮小手術の手術例

B.定型的幽門側胃切除術

もっともスタンダードな手術です。

胃の広い範囲の切除と胃の周りのリンパ節胃に流れ込む血管に沿うリンパ節(第2群までのリンパ節)を取り除く手術です。
胃の大きさは、約1/3〜1/4程度になります。取ったあとの胃と腸を継ぐ方法は、場合によっては変わります。

定型的幽門側胃切除術の手術例

C.噴門側胃切除術

胃がんが食道から胃の入り口近くに存在し、比較的早期の胃がんに対して行う手術です。
腸からの液の逆流を防ぐため、通常食道と残った胃の間に空腸の一部を継ぎます。

噴門側胃切除術の手術例

D.胃全摘術

胃の病変が大きい場合や、周囲のリンパ節に転移が多くあり幽門側切除では、不十分な場合に行われる手術です。
周囲のリンパ節、脂肪を含めて胃を全部切除します。場合によっては、脾臓も切除する場合があります。
胃を切除した後には、腸を切って持ち上げて食道とつなぎます。

胃全摘術の手術例

E.拡大手術

進行した胃がんに対して行う手術です。

胃ばかりでなく膵臓、脾臓、大腸などを一緒に切除したり(他臓器合併切除)、さらに遠くのリンパ節(第3群)を切除する手術(拡大郭清)も行われます。
しかし手術時間が長くかかる上、合併症などの頻度が増えたり回復までの時間がかかる場合があります。

拡大手術の手術例

F.姑息的手術

胃がんを治すという目的ではなく、胃がんによる症状を取るために行う手術です。

胃がんのために食べ物がとおらなくなっているところにバイパスをつける手術や、胃がんの腹膜転移が腸に及んで腸閉塞となった場合などに、バイパスをつける手術があります。

姑息的手術の手術例

このページの先頭へ

化学療法

抗がん剤を飲んだり注射することのより、胃がんを小さくしたり大きくなるのを抑える治療です。

ただ使う薬が必ず効果的とは限らず、現在の時点では抗がん剤のみで胃がんを完全に治療するのは難しい状況にあります。
しかし最近は、研究により効果の高い抗がん剤もでてきています。
手術の前、もしくは後に補助的に使用する場合もあります。

ただ抗がん剤は、がん細胞にのみならず正常な細胞にも作用しますので、体力が落ちている場合など、適さない場合もあります。

また副作用の種類や程度は、使う抗がん剤の種類や量により異なりますので、担当の医師にご相談ください。

このページの先頭へ

放射線療法

がんを高いエネルギーの放射線で破壊して、胃がんを小さくしようとする治療法です。

体の外から体内の病巣部に照射します。

しかしその効果は現在のところ手術ほど確実ではなく、手術が必要な胃がんに対して行うことはまれです。

このページの先頭へ

その他緩和療法

がんによる痛みや吐き気などを抑える治療や、精神的なケアなど、患者さんにとって最善の治療を総合的に行って行きます。

積極的に手術をしたり、化学療法を行ったりすることが常に患者さんにとって、よい方法とは限りません。

過度に進行している場合には、かえって状態を悪化させたりすることがあります。そのような場合には、苦痛の緩和を目的とした治療を行います。