四国がんセンター:病院をご利用の方へ

部署案内緩和ケアセンター

緩和ケアについて

「緩和ケア」とはさまざな苦痛や悩みなどのつらさを和らげる医療やケアを行うことで、患者さんと家族の社会生活を含めて支えることをいいます。


がん情報サービスより

緩和ケアは、がんと診断されたときから、すべての診療科で、入院中・外来通院中かどうか、治療中かどうかにかかわらず、いつでも、どこでもうけることができます。

当院では緩和ケアを患者さんが早期から受けることができるように、次のような取り組みを行っています。

  • 外来・入院で「からだとこころのつらさ」を確認しています。
  • がんや治療に伴う疑問や心配事に対して相談できるがん看護外来を開設しています。
  • 診断時からの緩和ケアがすすむよう各診療科と連携しています。


オレンジバルーンプロジェクトホームページより

緩和ケアセンター(緩和ケア外来、緩和ケアチーム)、緩和ケア病棟では、緩和ケアを専門とする医師や看護師、薬剤師、相談員、臨床心理士、理学療法士、管理栄養士による、専門的緩和ケアを受けることができます。