本文へスキップ

〒791-0280 愛媛県松山市南梅本町甲160

電話番号:089-999-1111(代表)
ファックス番号:089-999-1100

がん感染制御のエキスパート InfectionControlTeam

院内活動


マニュアル

 マニュアル類はICT、リンクスタッフ連絡会において適宜見直しを行い、院内感染防止対策委員会の承認を経て改訂しています。 標準予防策を始め、各種マニュアルを作成しています。以下が、当院のマニュアルの目次です。

四国がんセンターの院内感染防止対策指針

T 組織と活動

  1. 院内感染防止対策委員会の設置と役割
  2. 院内感染防止組織の構成図
  3. 院内感染防止対策委員会規定
  4. 感染制御チーム( ICT )運営細則
  5. リンクスタッフ連絡会運営細則
  6. 院内感染症発生時の連絡網
  7. 届け出など特別な対応が必要な感染症

U 感染予防対策

  1. 標準予防策
    1)適切な手洗い
    2)防護用具の使用
    3)咳エチケット
    4)周囲環境対策
    5)血液媒介病原体対策
  2. 感染経路別予防策
    1)接触予防策
    (1)対象疾患と対象病原体および概要
    (2)対策の実践
    (3)対象疾患・病原体について
     別紙1:MRSA
     別紙2:緑膿菌・多剤耐性緑膿菌
     別紙3:多剤耐性アシネトバクター
     別紙4:ノロウイルス
     別紙5:クロストリジウム・ディフィシル
    2)飛沫予防策
     別紙6:インフルエンザ
    別紙7:百日咳
    3)空気予防策
  3. 各感染予防策
    1)血管内留置カテーテル由来感染防止
    2)尿路カテーテルに由来した尿路感染症(CAUTI)の防止
    3)手術部位感染の防止
    4)人工呼吸器関連肺炎の感染防止

V 職業感染防止

  1. 病院ウイルス感染症
  2. 結核
  3. ワクチン接種について

W 食中毒管理マニュアル

  1. 調理従事者の衛生管理
  2. 施設、設備、環境、食品等に対する衛生管理
  3. 栄養部門従事者の便培養検査から食中毒菌が検出された場合の対応(症状なしの場合)
  4. 栄養部門従事者の便培養検査から食中毒菌が検出された場合の対応(症状ありの場合)
  5. 調理師等の便培養検査からO-157を含む腸管出血性大腸菌が検出された場合の対応
  6. 調理師等の便培養検査から二類感染症の赤痢菌が検出された場合の対応
  7. 施設で食中毒が発生した場合の対応
  8. 施設で食中毒が発生した場合の食事対応

X その他

  1. 医療廃棄物の取り扱い
  2. 検体の取り扱い
  3. 海外渡航について

Y 部署別感染予防対策

  1. 手術室
  2. ICU
  3. 内視鏡室
  4. 放射線部門
  5. リハビリテーション部門

Z 抗菌薬使用ガイドライン

  1. 総論
  2. 各論
    ・敗血症
    ・肺炎
    ・腸管感染症
    ・発熱性好中球減少症
    ・尿路感染症
    ・抗菌薬一覧
    ・MRSA感染症
    ・抗菌薬投与に関するアナフィラキシー対策について