四国がんセンター:病院をご利用の方へ

部署案内:診療科・各診療部門案内呼吸器外科

特徴

呼吸器外科の手術件数は年々増加しており、2012年には約280例でした。そのうち肺がんが約200例、転移性肺腫瘍が約40例、縦隔腫瘍が約15例で、胸腔鏡下手術は全体の75%以上を占めています。近年、80歳以上の高齢者の肺がん手術も増えており、年間20例以上を当院で施行し、高齢者に対する肺がん手術数としては全国トップレベルとなりました。手術関連死亡(術後30日以内)は、過去5年間で約0.5%です。

当院ではCT検診の導入により小さな肺病変でも見つかるようになりました。そのCT画像の経時的変化の有無を参考に胸腔鏡下手術を行い、肺がんの早期発見、早期治療を行うことで、全国がん拠点病院内での肺がん治療成績は当院が全国トップです。小さな肺がんや、合併疾患・呼吸機能障害を伴う肺がん患者さんに対しても、放射線科・呼吸器内科・病理科と緊密な連携をとりながら治療法を検討し、胸腔鏡下手術などにより術後の回復を早め、QOLを損ないにくい治療を行っています。

このページの先頭へ

募集要項

スタッフ紹介

診療医師:統括診療部長 山下 素弘

山下 素弘

専門領域

  • 胸部外科
  • 呼吸器がん

認定資格

  • 日本胸部外科学会 認定医
  • 日本外科学会 外科指導医
  • 日本外科学会 外科専門医
  • 日本呼吸器外科学会 呼吸器外科指導医
  • 日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医

診療医師:呼吸器外科医師 上野 剛

上野 剛

専門領域

  • 呼吸器外科

認定資格

  • 日本外科学会 外科専門医
  • 日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医
  • 麻酔科標榜医

診療医師:呼吸器外科医師 杉本 龍士郎

専門領域

  • 呼吸器外科

認定資格

  • 日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医
  • 臨床研修指導医

診療医師:呼吸器外科医師 牧 佑歩

専門領域

  • 呼吸器外科

認定資格

  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 日本外科学会 外科専門医
  • 日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医