四国がんセンター:病院をご利用の方へ

部署案内:診療科・各診療部門案内形成・再建・皮膚腫瘍外科

特徴

形成・再建・皮膚腫瘍外科とは

体表面の形の異常・機能の異常をできるだけ正常に近づけることにより、患者さんの肉体的・精神的負担を少しでも軽くすることを基本に診療を行う科です。
当院では主に皮膚がんの治療、乳がん手術によって失われた乳房や変形した乳房の再建、舌がん、上顎がんや食道がんの再建を行っています。

四国がんセンター形成・再建・皮膚腫瘍外科で治療できる疾患は、以下にあげるような疾患です。

  • 皮膚腫瘍(ほくろ、あざ、いぼ等)の良性、悪性の組織診断
  • 皮膚がん(悪性黒色腫、扁平上皮がん、基底細胞がん等)の治療
  • 乳房切除(乳がんで失った乳房のふくらみの再建)後の再建
  • 頭頸部がん(舌がん、上顎がん、喉頭がん等)の切除で失った組織の再建
  • 食道がんで失った食道の再建
  • 爪のトラブル(巻き爪、爪の変形、抗がん剤治療の副作用での爪のトラブル)
  • 手術後の傷口のトラブル(ケロイドやひきつり)
  • 褥創(床ずれ)
  • 乳がん術後の腕のむくみ(リンパ浮腫)治療
  • 婦人科や泌尿器科手術後の脚のむくみ(リンパ浮腫)治療

このページの先頭へ

スタッフ紹介

診療医師:特命副院長 河村 進

河村 進

専門領域

  • 形成・再建外科
  • リンパ浮腫の治療

認定資格

  • 日本形成外科学会 専門医
  • 日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科指導専門医
  • リンパ浮腫療法士認定機構 リンパ浮腫療法士

診療医師:形成・再建・皮膚腫瘍外科医師 山下 昌宏

専門領域

  • 形成・再建外科
  • リンパ浮腫の治療

認定資格

  • 日本形成外科学会 専門医

診療医師:形成・再建・皮膚腫瘍外科医師 藤田 悟志

専門領域

  • 形成・再建外科
  • リンパ浮腫の治療

認定資格