四国がんセンター:病院をご利用の方へ

部署案内:診療科・各診療部門案内病理科

病理学(びょうりがく,Pathology)とは、病気の原因、発生機序の解明や病気の診断を確定するのを目的とする、医学の一分野です。

現在では病気の原因や原因解明を目指す手段はたくさんありますが、細胞、組織、臓器の標本を、肉眼や顕微鏡などを用いて検査し、それらが病気に侵されたときにどういった変化を示すかについて研究する学問を特に病理学と呼びます。目に見える臓器や細胞の形の変化に病気の本質があらわれるという認識が西洋医学成立の基礎になったため、病気の原因を調べること一般ではなく、形の変化で病気を調べることが病理学とよばれ、顕微鏡などを使ってそれを調べる検査が病理検査と呼ばれます。

四国がんセンターにかかっておられる方の多くは病理検査を受けたことがあると思います。四国がんセンターは中四国でがんの病理組織件数が最大級の病院です。

病理学的検査はがん診断においてもっとも信頼度の高い検査法です。ほとんどの状況において「がんと診断する」ということは「がんであると病理学的に確定がつく」ということです。勿論例外はありますが、病理診断を抜きにしてがんに対する治療が行われることはほとんどありません。
病理検査は標本の種類によって「組織検査」と「細胞診検査」に分ける事が出来ます。細胞診検査は針で突いたり、体に溜まった液を吸い取ったり、表面を擦ったりすることで細胞を取って、スライドガラスに塗り、染色し、その性質を調べます。組織検査は身体の一部をつまみ取ったり、切り取ったりして採取し、特殊な処理をして数ミクロンの厚さの切片にし、スライドガラスに載せて染色して観察します。一般に組織検査は「正確性が高いが、体につく傷が大きい(侵襲性が高い)」、対して細胞診検査は「正確性は組織検査に劣るが、体に付く傷が小さい(侵襲性が低い)」とされています。
病理検査は、治療前の診断の確定および治療・手術後の評価のどちらにも重要です。病変が発見された時、組織検査・細胞診検査を行い、病変の性状を調べます。その結果病変が、腫瘍であるのか・ないのか、腫瘍であれば良性であるのか・悪性であるのか・境界病変であるのか、悪性であればどんな治療を行うべき腫瘍なのかを診断し、その診断を参考に治療方針を決定します。診断が確定すると、がんに対して手術や化学療法・放射線治療などの非手術的方法が行われます。手術された病変に対しては必ず病理検査が行われます。これにより腫瘍の進行度が確定し、予後の予想と術後治療の方針が決定します。化学療法・放射線治療に対する効果の判定も病理検査を参考にして行います。手術中に治療方針の決定のため術中迅速病理検査が行われる時もあります。治療後の再発の有無のチェック、手術・投薬などの有効性や妥当性の検討にも病理は欠かせません。

私たちは直接患者さんに接することはありませんが、病理診断は四国がんセンターのがん診療を影で支えています。

このページの先頭へ

スタッフ紹介

診療医師:がん予防・疫学研究部長 寺本 典弘

寺本 典弘

専門領域

  • 診断病理

認定資格

  • 日本病理学会 病理専門医
  • 日本臨床細胞学会 細胞診指導医
  • 診療医師:病理科医師 高畑 浩之

    専門領域

    • 診断病理

    認定資格

    • 日本病理学会 病理専門医
    • 日本臨床細胞学会 細胞診指導医