四国がんセンター:病院をご利用の方へ

部署案内:診療科・各診療部門案内感染症・腫瘍内科

特徴

入院、外来を問わず、病院に関連して起こるさまざまな感染症を「医療関連感染」とよびます。当院で起こる医療関連感染の特徴として、(1)がんに対する各種治療(抗がん剤、手術、放射線治療)に伴う感染症であること(2)多くの患者さんが免疫能力低下した状態で入院されていることがあげられます。そのため、感染症が起こった時に対応が遅れると重症化しやすく、かつ患者さんの間に感染が広がる危険性が常にあると考えられます。
感染症・腫瘍内科は院内感染制御チームICTと連携し、院内および連携する医療施設の医療関連感染について専門的立場から診断、治療方針決定、重症時の緊急対応など行っています。

ICTのホームページはこちらからどうぞ

このページの先頭へ

スタッフ紹介

診療医師:感染症・腫瘍内科医長 濱田 信

濱田 信

専門領域

  • 感染制御
  • HAIs(医療関連感染)

認定資格

  • ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター
  • 日本感染症学会 暫定指導医
  • 日本血液学会認定血液専門医
  • 日本内科学会 総合内科専門医
  • 日本内科学会 認定指導医
  • 日本内科学会 認定内科医