四国がんセンター:病院をご利用の方へ

クローズアップ四がん第二病棟部長 門田伸也医師

専門・診療科
頭頸科・甲状腺腫瘍科
認定資格
日本癌治療学会 がん治療認定医
日本耳鼻咽喉科学会 専門研修指導医
日本頭頸部外科学会 頭頸部がん治療専門医
日本内分泌・甲状腺外科 専門医
日本気管食道科学会 専門医
麻酔科標榜医
経歴
1988年(昭和63年)金沢大学医学部卒業
1996年(平成9年)岡山大学医学部 医学博士過程修了
岡山大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科 臨床教授
日本頭頸部癌学会 頭頸部癌診療ガイドライン委員・教育担当委員
日本癌治療学会 診療ガイドライン統括・連絡委員会委員

日々の診療におけるモットーは「しっかり治す・よりよく治す」です。

先生の専門分野は?

頭頸部がんの治療を専門としています。頭頸部がんとは頭頸部領域に発生するがん(舌・口腔がん・咽頭がん・喉頭がん・唾液腺がん・甲状腺がんなど)で全がん腫の中で9%程度を占めています。

頭頸科・甲状腺腫瘍科の特徴は?

頭頸部がんに対する外科的治療の中心的役割を担っていますが、放射線治療(放射線治療専門医とともに)、薬物治療(抗癌剤、分子標的薬治療、免疫チェックポイント阻害剤などの治療)も組み合わせています。いずれの治療もベストクオリティを保つように多職種チーム一丸となって取り組んでいます。


頭頸科・甲状腺腫瘍科のメンバー
頭頸科・甲状腺腫瘍科のメンバー

どのような手術をしていますか?

甲状腺がんは当科の手術の中で最も多い領域になりますが、進行して発声に関係する神経(反回神経)に近接している場合でも術中神経モニタリングを積極的に導入し、必要に応じて顕微鏡を用いた神経再建術や喉頭形成術も併用して声の温存に努めています。咽・喉頭がんでも比較的早期がんであれば、喉頭温存手術や内視鏡治療を導入し、のどを温存する治療を第一目標としています。
一方で、進行がんでは病巣を確実に除去するとともに、失われた形態や機能を補完するための遊離組織移植再建術を形成外科専門医とともに行っています。そのため、例えば舌を半分切除するような手術でも、食事や会話も可能となって職場復帰を果たしている方がたくさんおられます。また、頭頸部がんの手術では転移したリンパ節転移をいかにきれいに取り除くか(頸部郭清術といいます)がポイントとなりますが、標準的な術式では強い肩こりや変形、肩の挙上制限が起こります。当科では肩を上げる筋肉や神経を極力温存する術式を適用していますが、郭清範囲内における後発リンパ節転移は3%以下と非常に高い制御率を保っています。

頚部のリンパ節
日本癌治療学会リンパ節規約
(日本癌治療学会編/金原出版)より

最後に一言お願いします。

日々の診療におけるモットーは「しっかり治す・よりよく治す」です。近年、頭頸部がんの治療は劇的に進歩しており、患者さんにとってよりよい治療をどのように組み合わせて行くのか、その総合力が大切だと考えています。