四国がんセンター:病院をご利用の方へ

クローズアップ四がん外来部長 野上尚之医師

専門・診療科
呼吸器内科
認定資格

日本臨床腫瘍学会 指導医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本呼吸器学会 指導医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医
日本内科学会 認定教育施設指導医
日本内科学会 認定内科医
インフェクション・コントロールドクター
経歴

1993年(平成5年)三重大学医学部卒業
2004年(平成16年)医学博士取得

『地方でも最先端のがん治療が受けられる』を目指しています

先生の専門分野は?

呼吸器の悪性腫瘍に対する化学療法や化学放射線療法です。肺癌の患者さんが多いですが、ほかに悪性胸膜中皮腫、胸腺腫・胸腺癌などの診療も行っています。

呼吸器内科の特徴を教えてください

私たちは手術では根治が難しい患者さんの治療を担当しています。治療法は現時点の標準治療である本邦の『肺癌診療ガイドライン』に基づいたものが中心になりますが、患者さんの全身状態を考慮して、さらに上乗せできるより効果的な方法はないか検討しています。当院は全国でも有数の、中・四国では一番多くの治験と臨床試験を行っていますが、ガイドラインに沿った治療だけでなく、治験や臨床試験なども組み込みながら、患者さんにより良い化学療法を、より早く確実に提供することこそ我々の使命だと思っています。

 

病棟風景
病棟風景

臨床試験・治験とは?

私たちは既存の薬剤をより有効で安全に使用する組み合わせや投与法を見いだす臨床試験を今まで多数行っていて、当科から発案された治療法で上述の『肺癌診療ガイドライン』に記載されているものもあります。治験は臨床試験のうち新しい薬や医療機器を使って客観的なデータを集め、国の承認を得て一般診療で使用できるようにすることを目的としています。中・四国では当院でしか治験をしていないような新しい薬剤を、より早く患者さんに届けることが、私たちの使命と思っています。最近当科が関わった治験薬で代表的なものは、今話題になっている免疫チェックポイント阻害剤や次世代分子標的薬などがあり、開発当初から携わっていました。

最後にひと言お願いします

肺癌の治療法はここ10年ほどでずいぶん進歩しており、新しい治療法には目を見張るものがあります。がんの治療を安心して受けたい方、治験や臨床試験についてご質問のある方は、どうぞご連絡ください。

 

呼吸器内科スタッフ
呼吸器内科スタッフ