四国がんセンター:病院をご利用の方へ

クローズアップ四がん統括診療部長 橋根勝義 医師

専門・診療科
泌尿器科
認定資格
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本内視鏡外科学会技術認定医
日本泌尿器科学会 認定専門医
日本泌尿器科学会 指導医
日本泌尿器内視鏡学会 技術認定医
日本ロボット外科学会専門医(国内B)
泌尿器科da Vinci Si支援手術教育プログラム修了
経歴
1988年(昭和63年)徳島大学医学部卒業
1996年(平成8年)医学博士取得

『エビデンス(科学的根拠)に基づいた最良の治療』を それがモットーです。

先生の専門分野は?

泌尿器科悪性腫瘍です。泌尿器科では、前立腺、尿路(膀胱や腎盂尿管)、腎のがんが多いのですが、副腎や精巣、陰茎など『希少がん』といわれる部位のがんも診療しています。

泌尿器科の特徴を教えてください

前立腺がんは今や男性のがんの中で発生数がトップになっています。なんと男性の10人に一人が前立腺がんになる時代です。しかし、前立腺がんは早期発見が可能で根治可能ながんです。血液検査でPSA(前立腺特異抗原)の測定をするだけでがんの疑いがある人を見つけることができます。確定するためには前立腺生検をしないといけませんが、血液だけでスクリーニングができるため、検診で早期発見できるがんなのです。愛媛県下ではどの市町村でも前立腺がん検診を行っています。市の広報やホームページで確認し、前立腺がん検診を受けましょう。

ロボット支援手術とは?

当院の泌尿器科にはもう一つ大きな特徴があります。それはロボット支援手術です。現在日本でロボット支援手術が保険診療内で施行できるのは前立腺全摘除術と腎部分切除術のみです。当院でもロボット支援手術を2014年11月から開始しています。ロボット支援手術の最大の特徴は、コンピューター制御された手術器具が術者の動きと連動し体内で自在に動き、細かな操作ができることです。このことにより、難易度の高い腹腔鏡手術を高い精度で行うことが可能になりました。

 

手術支援ロボット
手術支援ロボット

最後にひと言お願いします

治療によるQOL(生活の質)の変化は決して無視することはできません。治療方針決定の際にはQOLの変化にも重点を置き決定しています。もし、がんと診断されて悩まれているようなら四国がんセンターに足を運んでください。

 

泌尿器科スタッフ
泌尿器科スタッフ