四国がんセンター:病院をご利用の方へ

クローズアップ四がん婦人科医長 竹原和宏医師

専門・診療科
婦人科腫瘍・婦人科
認定資格
日本産科婦人科学会 認定医、指導医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医 教育研修指導医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医、指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本家族性腫瘍学会 暫定指導医
経歴
1988年(昭和63年)広島大学医学部卒業
1997年(平成9年)医学博士取得
香川大学医学部医学科 周産期学婦人科学 臨床教授
日本婦人科腫瘍学会 子宮頸がん、体がん、卵巣がん 治療ガイドライン評価委員、作成委員
日本婦人科悪性腫瘍研究機構(JGOG) 理事 体がん委員会 委員長

「鬼手仏心」をモットーに、婦人科がんを患うすべての患者さんに最善の治療ができるよう、日々の診療をしています

先生の専門分野は?

婦人科がんの診断、治療が専門です。これまで婦人科がんの中でも治療が難しいとされる卵巣がんの手術や化学療法を中心に診療をしてきました。最近では子宮肉腫の治療開発にも力を入れています。

婦人科の特徴は?

主に、女性の子宮や卵巣など女性の下腹部にできる悪性腫瘍の治療を担当しています。また、女性の腹腔内(腹膜)に発生するがん(腹膜がん)も診療しています。

女性のがんの特徴は、比較的若い年代から発症することで、最近では特に子宮頸がんの若年化が指摘されています。子宮、卵巣は新しい命を授かるために重要な器官なので、これから妊娠を望んでいるような方の治療には妊孕性(妊娠できるような能力)に対する配慮も必要です。

どのような治療を行っていますか?

進行卵巣がんの治療は手術と化学療法が重要です。手術では腹腔内に散らばった病変や転移巣を出来るだけ少なくすることで予後が良くなるとされているので、他科とも連携して可能な限り取り除きます。病状によっては治療効果の高い化学療法を手術前後に組み合わせます。これらがうまく機能しなければより良い治療効果は得られないので、婦人科がんは専門性の高い疾患とされています。

治療効果の高い化学療法として、これまでに私たちは分子標的薬、免疫チェックポイント阻害剤、遺伝的ながん(婦人科では主に卵巣がん)によく効くPARP阻害剤などの開発、治験、臨床試験にも携わってきました。現在もより治療効果のある新規の薬剤、治療法の開発にも積極的に取り組んでいるところです。

最後に一言お願いします

がんは大変な病気です。疾患の性格上、最初の治療が無事終わってもしばらくは経過を観察しながら、長く付き合う必要のある病気です。そのため最初の治療が大変重要で、病状を的確に把握し、効果あるしっかりとした治療を行うことが肝要です。加えて、それぞれの患者さんの病状、心情、社会的な背景を考慮した治療を行うことが大変重要だと考えています。

婦人科がんの新しい治療方法は日々開発され、それを安全かつ効果的に実践をすることが当科の役目ですが、それぞれの患者さんにあった治療を患者さんとともに検討していくことが大事であると考えています。


婦人科のメンバー
婦人科のメンバー

バックナンバー