四国がんセンター

当院について:数字で見る四国がんセンター2016年度病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

病院指標

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - 77 281 743 1096 2351 1738 531 22

当院の入院患者さんは、50歳代から70歳代が全体の75.7%を占めています。若い世代である40歳代以下の患者さんも全体の16.2%となっています。

※10歳刻みの年齢階級別集計です。

※年齢は入院時の年齢で集計しています。

このページの先頭へ

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070040xx99x2xx 骨の悪性腫瘍 放射線治療 27 21.56 24.03 7.41 68.11 -
070010xx010x0x 骨軟部の良性腫瘍 手術 15 11.07 5.94 6.67 55.73 -
070030xx9901xx 脊椎・脊髄腫瘍 化学療法など - - 13.71 - - -
070041xx01x0xx 軟部の悪性腫瘍 手術 - - 19.53 - - -
070010xx99xxxx 骨軟部の良性腫瘍 検査など - - 5.83 - - -

整形外科(骨軟部腫瘍・整形外科)

整形外科では、骨(四肢骨、脊椎)や筋肉、神経に発生した腫瘍について診断、治療を行っています。

骨軟部腫瘍・整形外科のページ

「骨の悪性腫瘍 放射線治療」
骨の悪性腫瘍(脊椎を除く)や骨に転移した悪性腫瘍に対する放射線治療を行うための入院
「骨軟部の良性腫瘍 手術」
骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く)を取り除く手術を行うための入院
「脊椎・脊髄腫瘍 化学療法など」
脊椎・脊髄腫瘍に対する化学療法などを行うための入院
「軟部の悪性腫瘍 手術」
軟部の悪性腫瘍に対する手術を行うための入院
「骨軟部の良性腫瘍 検査など」
骨軟部の良性腫瘍に対する検査(主に組織採取)などを行うための入院

※患者数が10未満の場合は、個人情報に配慮して「-」(ハイフン)を入力することになっています。

形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳房再建 45 10.02 7.91 0 50.24 シリコンバッグ入れ替え術(乳房再建術)
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術 14 8.36 10.0 0 60.57 リンパ管静脈吻合術
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍 手術 - - 8.78 - - -
180060xx97xxxx その他の新生物 手術 - - 6.76 - - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍 手術 - - 5.11 - - -

形成外科(形成・再建・皮膚腫瘍外科)

形成外科では、体表面の形の異常・機能の異常をできるだけ正常に近づけることにより、患者さんの肉体的・精神的負担を少しでも軽くすることを基本に診療を行っています。

形成・再建・皮膚腫瘍外科のページ

「乳房の悪性腫瘍 乳房再建」
乳房の悪性腫瘍により乳房を切除した患者さんの再建手術を行うための入院
「リンパ節、リンパ管の疾患 手術」
リンパ浮腫に対するリンパ管吻合術を行うための入院
「皮膚の悪性腫瘍 手術」
皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外)に対する手術を行うための入院
「その他の新生物 手術」
その他の新生物(主に皮膚腫瘍)に対する手術を行うための入院
「骨軟部の良性腫瘍 手術」
骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く)に対する手術を行うための入院

※患者数が10未満の場合は、個人情報に配慮して「-」(ハイフン)を入力することになっています。

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術 215 14.2 12.73 0.47 66.74 肺葉切(ICU含)
肺部分切除(ICU含)
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 検査 67 2.85 3.68 1.49 72.84 CTガイド下針生検
気管支鏡検査
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 化学療法 41 15.46 12.35 0 63.73 シスプラチン・ビノレルビン併用療法
040040xx9902xx 肺の悪性腫瘍 放射線治療 29 22.72 24.87 6.9 78.03 -
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 手術 - - 10.28 - - -

呼吸器外科

呼吸器外科では、肺がんや転移性肺腫瘍・縦隔腫瘍などの診断、治療を行っています。

呼吸器外科のページ

「肺の悪性腫瘍 手術」
肺の悪性腫瘍や他の原発巣から肺に転移した悪性腫瘍に対する手術を行うための入院
「肺の悪性腫瘍 検査」
肺の悪性腫瘍(疑いを含む)に対する検査(経気管肺生検や経皮的針生検など)を行うための入院
「肺の悪性腫瘍 化学療法」
肺の悪性腫瘍に対する化学療法(下記を含まない)を行うための入院
 ※除外される化学療法:ベバシズマブ、ペメトレキセドナトリウム水和物、クリゾチニブ、アレクチニブ、セリチニブ、エルロチニブ、ゲフィチニブ、アファチニブマレイン酸塩、カルボプラチン+パクリタキセル を含む化学療法
「肺の悪性腫瘍 放射線治療」
肺の悪性腫瘍に対する放射線治療を行うための入院
「呼吸器系の良性腫瘍 手術」
肺の良性腫瘍に対する手術を行うための入院

※患者数が10未満の場合は、個人情報に配慮して「-」(ハイフン)を入力することになっています。

耳鼻いんこう科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 手術 50 15.28 9.27 0 58.22 甲状腺葉狭部切除
03001xxx99x4xx 頭頸部の悪性腫瘍 化学療法 25 12.68 14.13 0 57.24 -
03001xxx97x00x 頭頸部の悪性腫瘍 その他手術 21 12 10.28 0 65.71 顕微鏡下喉頭微細手術
03001xxx01000x 頭頸部の悪性腫瘍 手術 17 34.41 14.06 0 69.18 -
03001xxx97x3xx 頭頸部の悪性腫瘍 手術・化学療法・放射線治療 14 89.14 66.08 0 56.86 PEGパス

耳鼻いんこう科(頭頸科・甲状腺腫瘍科)

耳鼻いんこう科では、耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域の腫瘍性疾患の治療を行っています。

頭頸科・甲状腺腫瘍科のページ

「甲状腺の悪性腫瘍 手術」
甲状腺の悪性腫瘍に対する手術を行うための入院
「頭頸部の悪性腫瘍 化学療法」
頭頸部の悪性腫瘍に対する化学療法を行うための入院
「頭頸部の悪性腫瘍 その他手術」
頭頸部の悪性腫瘍に対する手術(直達鏡などを使用した大きく皮膚の切開を伴わない)などを行うための入院
「頭頸部の悪性腫瘍 手術」
頭頸部の悪性腫瘍に対する手術を行うための入院
「頭頸部の悪性腫瘍 手術・化学療法・放射線治療」
頭頸部の悪性腫瘍に対する化学療法及び放射線治療と胃瘻造設の手術を行うための入院
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 軽尿道的手術 107 7.53 7.44 0 70.42 経尿道的膀胱腫瘍切除
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 手術 92 16.7 13.39 0 68.12 ロボット支援前立腺全摘除術
110080xx97x00x 前立腺の悪性腫瘍 その他手術 41 4.78 6.24 0 75.49 金マーカー埋め込み術
110070xx99xx20x 膀胱腫瘍 化学療法 38 12 11.72 0 70.97 -
110080xx99030x 前立腺の悪性腫瘍 化学療法 19 19.37 15.07 0 71.53 -

泌尿器科

泌尿器科では、腎がん・尿路上皮がん(膀胱がん・腎盂がん・尿管がんが含まれます)・前立腺がん・精巣がんなどの診断・治療を行っています。

泌尿器科のページ

「膀胱腫瘍 経尿道的手術」
膀胱腫瘍などに対する経尿道的手術(尿道から器具を挿入して行う手術)を行うための入院
「前立腺の悪性腫瘍 手術」
前立腺の悪性腫瘍に対する手術(ロボット支援手術を含む)を行うための入院
「前立腺の悪性腫瘍 その他手術」
前立腺の悪性腫瘍に対する放射線治療のための金属マーカーを留置する手術などを行うための入院
「膀胱腫瘍 化学療法」
膀胱腫瘍に対する化学療法を行うための入院
「前立腺の悪性腫瘍 化学療法」
前立腺の悪性腫瘍に対する化学療法を行うための入院
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 化学療法 339 7.59 5.12 0.29 56.34 TP
mTJ
120010xx99x40x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 化学療法 193 6.74 4.84 0 64.65 wTJ(一括)、(分割)
120010xx99x70x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 化学療法(ベバシズマブ) 140 5.34 4.73 0 62.2 -
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 化学療法(カルボ+ドセ) 89 10.21 4.92 0 59.31 wTJ(一括)
mTJ
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術 87 15.93 13.29 0 54.2 子宮全摘術+リンパ郭清
広汎子宮全摘術

婦人科

婦人科では、主に子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん・外陰がん・膣がんなどの診断・治療を行っています。

婦人科のページ

「子宮頸・体部の悪性腫瘍 化学療法」
子宮頸・体部の悪性腫瘍に対する化学療法を行うための入院
「卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 化学療法」
卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍に対する化学療法(下記を含まない)を行うための入院
 ※除外される化学療法:ベバシズマブ、ドキソルビシン塩酸塩リポソーム製剤、カルボプラチン+パクリタキセル、カルボプラチン+ドセタキセル水和物 を含む化学療法
「卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 化学療法(ベバシズマブ)」
卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍に対する化学療法(ベバシズマブを含む)を行うための入院
「卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 化学療法(カルボ+ドセ)」
卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍に対する化学療法(カルボプラチン及びドセタキセル水和物を含む)を行うための入院
「子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術」
子宮頸・体部の悪性腫瘍に対する手術を行うための入院
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 化学療法 165 15.05 12.35 1.21 68.17 -
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 検査 90 3.54 3.68 1.11 70.11 CTガイド下針生検
気管支鏡検査
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術・処置なし 35 13.69 14.83 8.57 69.34 -
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 化学療法(ベバシズマブ) 31 15.19 10.76 0 68.81 -
040040xx9906xx 肺の悪性腫瘍 化学療法(エルロチニブなど) 28 20.5 19.34 0 70.07 タルセバ療法
イレッサ療法

呼吸器内科

呼吸器内科では、肺がんを主軸とする呼吸器悪性腫瘍の診療を専門として診断・治療を行っています。

呼吸器内科のページ

「肺の悪性腫瘍 化学療法」
肺の悪性腫瘍に対する化学療法(下記を含まない)を行うための入院
 ※除外される化学療法:ベバシズマブ、ペメトレキセドナトリウム水和物、クリゾチニブ、アレクチニブ、セリチニブ、エルロチニブ、ゲフィチニブ、アファチニブマレイン酸塩、カルボプラチン+パクリタキセル を含む化学療法
「肺の悪性腫瘍 検査」
肺の悪性腫瘍(疑いを含む)に対する検査(経気管肺生検や経皮的針生検など)を行うための入院
「肺の悪性腫瘍 手術・処置なし」
肺の悪性腫瘍による胸水貯留や痛みなど様々な症状に対する治療を行うための入院
「肺の悪性腫瘍 化学療法(ベバシズマブ)」
肺の悪性腫瘍に対する化学療法(ベバシズマブを含む)を行うための入院
「肺の悪性腫瘍 化学療法(エルロチニブなど)」
肺の悪性腫瘍に対する化学療法(エルロチニブ・ゲフィチニブなどを含む)を行うための入院
感染症・腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130060xx99x40x 骨髄異形成症候群 化学療法 14 7.36 10.82 0 78.79 -
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 化学療法(リツキシマブ) - - 16.83 - - -
130030xx99x00x 非ホジキンリンパ腫 手術・処置なし - - 10.71 - - -
130040xx99x5xx 多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 化学療法 - - 25.11 - - -
130030xx99x7xx 非ホジキンリンパ腫 化学療法(ブレンツキシマブ) - - 13.65 - - -

感染症・腫瘍内科

感染症・腫瘍内科では、院内感染制御チーム(ICT)と連携して、院内および連携する医療施設の医療関連感染について専門的立場から診断・治療方針決定・緊急時の対応などを行っています。

感染症・腫瘍内科のページ

「骨髄異形成症候群 化学療法」
骨髄異形成症候群に対する化学療法(アザシチジンを含む)を行うための入院
「非ホジキンリンパ腫 化学療法(リツキシマブ)」
非ホジキンリンパ腫に対する化学療法(リツキシマブを含む)を行うための入院
「非ホジキンリンパ腫 手術・処置なし」
非ホジキンリンパ腫(疑いを含む)に対する検査を行うための入院
「多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物 化学療法」
多発性骨髄腫などに対する化学療法(レナリドミド水和物、ポマリドミドなどを含む)を行うための入院
「非ホジキンリンパ腫 化学療法(ブレンツキシマブ)」
非ホジキンリンパ腫に対する化学療法(ブレンツキシマブ ベドチンを含む)を行うための入院

※患者数が10未満の場合は、個人情報に配慮して「-」(ハイフン)を入力することになっています。

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍 化学療法 86 12.98 9.82 0 66.65 5FU+シスプラチン(FP)療法
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的切除 77 9.31 9.02 0 70.21 上部消化管(胃・食道)ESDパス
06007xxx99040x 膵臓、脾臓の腫瘍 化学療法 69 10.04 11.65 0 65.64 -
060035xx99x60x 結腸の悪性腫瘍 化学療法(ベバシズマブ) 64 10 4.48 0 62.77 -
060050xx97x0xx 肝臓の悪性腫瘍 血管塞栓術など 54 16.44 11.74 1.85 75.63 TACE(エピルビシン)

消化器内科

消化器内科では、消化器内視鏡部門・消化管化学療法部門・肝胆膵部門に分かれて専門的な治療を行っています。

消化器内科のページ

「食道の悪性腫瘍 化学療法」
食道の悪性腫瘍に対する化学療法を行うための入院
「胃の悪性腫瘍 内視鏡的切除」
胃の悪性腫瘍に対する内視鏡的切除を行うための入院
「膵臓、脾臓の腫瘍 化学療法」
膵臓、脾臓の腫瘍に対する化学療法を行うための入院
「結腸の悪性腫瘍 化学療法(ベバシズマブ)」
結腸の悪性腫瘍に対する化学療法(ベバシズマブを含む)を行うための入院
「肝臓の悪性腫瘍 血管塞栓術など」
肝・肝内胆管の悪性腫瘍に対して血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術)などを行うための入院
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 切除手術 83 21.3 17.65 1.2 66.25 胃切除パス
060035xx01000x 結腸の悪性腫瘍 摘出手術 55 15.53 15.92 0 66.02 腸切除パス
060040xx02x00x 直腸の悪性腫瘍 摘出手術 42 17.57 17.98 0 61.57 腸切除パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍 化学療法 18 13 9.82 0 63.67 5FU+シスプラチン(FP)療法
060020xx01x0xx 胃の悪性腫瘍 全摘手術 18 23.28 20.58 0 66.44 胃切除パス

消化器外科

消化器外科では、食道がん・胃がん・肝臓がん・膵臓がん・胆道がん・大腸がんなどの診断・治療を行っています。

消化器外科のページ

「胃の悪性腫瘍 切除手術」
胃の悪性腫瘍に対する胃切除手術を開腹または腹腔鏡で行うための入院
「結腸の悪性腫瘍 摘出手術」
結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍を取り除くための手術を開腹または腹腔鏡で行うための入院
「直腸の悪性腫瘍 摘出手術」
直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍を取り除くための手術を開腹または腹腔鏡で行うための入院
「食道の悪性腫瘍 化学療法」
食道の悪性腫瘍(頸部を含む)に対する化学療法を行うための入院
「胃の悪性腫瘍 全摘手術」
胃の悪性腫瘍に対する胃全摘手術を開腹または腹腔鏡で行うための入院
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 化学療法(ゲムシタビンなど) 294 7.01 4.64 0 52.93 TC療法
FEC/EC/AC療法/ドセタキセル(DOC)75療法
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳房切除・腋窩郭清なし 145 11.43 10.30 0 59.19 乳がん手術(温存・乳切)
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳房温存・腋窩郭清なし 125 10.15 6.59 0 58.23 乳がん手術(温存・乳切)
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳房手術・腋窩郭清あり 84 10.79 11.57 0 57.51 乳がん手術(温存・乳切)
090010xx99x30x 乳房の悪性腫瘍 化学療法 82 7.16 9.46 0 52.9 FEC/EC/AC療法/ドセタキセル(DOC)75療法

乳腺外科

乳腺外科では、乳がんの診断・治療を行っています。

乳腺外科のページ

「乳房の悪性腫瘍 化学療法(ゲムシタビンなど)」
乳房の悪性腫瘍に対する化学療法(ゲムシタビン塩酸塩、シクロホスファミド+塩酸エピルビシン、パクリタキセル、ドセタキセル水和物のいずれかを含む)を行うための入院
「乳房の悪性腫瘍 乳房切除・腋窩郭清なし」
乳房の悪性腫瘍に対して乳房切除術(腋窩郭清なし)を行うための入院
「乳房の悪性腫瘍 乳房温存・腋窩郭清なし」
乳房の悪性腫瘍に対して乳房温存術(腋窩郭清なし)を行うための入院
「乳房の悪性腫瘍 乳房手術・腋窩郭清あり」
乳房の悪性腫瘍に対して乳房切除術または乳房温存術と腋窩郭清を同時に行う手術を行うための入院
「乳房の悪性腫瘍 化学療法」
乳房の悪性腫瘍に対して化学療法(下記を含まない)を行うための入院
 ※除外される化学療法:ペルツズマブ、トラスツズマブエムタンシン、ベバシズマブ、パクリタキセル(アルブミン懸濁型)、トラスツズマブ、エリブリンメシル塩酸、ゲムシタビン塩酸塩、シクロホスファミド+塩酸エピルビシン、ドセタキセル水和物、パクリタキセル を含む化学療法
血液腫瘍内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 化学療法(リツキシマブ)・輸血など 35 24.54 34.9 0 73.57 -
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 化学療法(リツキシマブ) 31 21.97 16.83 0 75.81
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 化学療法 16 17.19 17.63 0 66
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 化学療法・輸血など 12 25.42 36.08 8.33 68.08
130030xx99x2xx 非ホジキンリンパ腫 放射線治療 11 31.45 29.46 0 77.64

血液腫瘍内科

血液腫瘍内科では、リンパ腫・骨髄腫・白血病といった血液を発生起源とする腫瘍(血液腫瘍)の診断・診療を行っています。

血液腫瘍内科のページ

「非ホジキンリンパ腫 化学療法(リツキシマブ)・輸血など」
非ホジキンリンパ腫に対する化学療法(リツキシマブを含む)を行うための入院(入院中に輸血あり)
「非ホジキンリンパ腫 化学療法(リツキシマブ)」
非ホジキンリンパ腫に対する化学療法(リツキシマブを含む)を行うための入院(入院中に輸血なし)
「非ホジキンリンパ腫 化学療法」
非ホジキンリンパ腫に対する化学療法を行うための入院(入院中に輸血なし)
「非ホジキンリンパ腫 化学療法・輸血など」
非ホジキンリンパ腫に対する化学療法を行うための入院(入院中に輸血あり)
「非ホジキンリンパ腫 放射線治療」
非ホジキンリンパ腫に対する放射線治療を行うための入院

このページの先頭へ

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 144 33 45 186 - 41 1 7
大腸癌 64 39 48 131 - 100 1 7
乳癌 341 334 107 40 25 165 1 6,7
肺癌 266 62 103 297 29 104 1 7
肝癌 - 24 - 34 - 97 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

当院はがん専門病院として、幅広い病期の患者さんの診療を行っています。

※5大がんの初発のUICC病期分類および再発に分けて集計を行っています。

※同一患者さんについて入退院を繰り返している場合、繰り返した回数分をかけた延べ患者数となっています。

※患者数が10未満の場合は、個人情報に配慮して「-」(ハイフン)を入力することになっています。

このページの先頭へ

成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 12 14.83 62.17
中等症 14 19.29 70.07
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -

当院はがん専門病院のため、当院にて治療中の患者さんが肺炎を起こされた場合に治療を行っています。

※患者数が10未満の場合は、個人情報に配慮して「-」(ハイフン)を入力することになっています。

このページの先頭へ

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 - - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 - - - - -
I63$ 脳梗塞 - - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの - - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> - - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 - - - - -

当院はがん専門病院のため、いずれの分類も10人以下となりました。

※患者数が10未満の場合は、個人情報に配慮して「-」(ハイフン)を入力することになっています。

このページの先頭へ

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(大腿) 13 1.85 9.31 7.69 55.92 -
K0311 四肢・躯幹軟部悪性腫瘍手術(躯幹) - - - - - -
K0302 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(手) - - - - - -
K0461 骨折観血的手術(大腿) - - - - - -
K0531 骨悪性腫瘍手術(大腿) - - - - - -

整形外科(骨軟部腫瘍・整形外科)

整形外科の手術は、骨(四肢骨・脊椎)や筋肉・神経に発生した腫瘍の切除を行っています。

※患者数が10未満の場合は、個人情報に配慮して「-」(ハイフン)を入力することになっています。

形成外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 39 1.97 6.97 0 49.95 シリコンバッグ入れ替え術(乳房再建術)
K628 リンパ管吻合術 15 0.8 6.47 0 60.2 リンパ管静脈吻合術
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 12 0.33 9.42 0 77 -
K0221 組織拡張期による再建手術(乳房(再建手術)) - - - - - エキスパンダー手術
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(直径2cm未満) - - - - - -

形成外科(形成・再建・皮膚腫瘍外科)

形成外科の手術は、乳房再建やリンパ管吻合術などを行っています。

※患者数が10未満の場合は、個人情報に配慮して「-」(ハイフン)を入力することになっています。

呼吸器外科
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 111 2.86 12 0.9 68.17 肺葉切(ICU含)
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 49 2.67 6.96 0 64.12 肺部分切除(ICU含)
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 23 3.26 14.91 0 68.65 肺葉切(ICU含)
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 17 3.41 13.94 0 70.18 肺葉切(ICU含)
K5141 肺悪性腫瘍手術(部分切除) - - - - - 肺部分切除(ICU含)

呼吸器外科

呼吸器外科の手術は、主に肺悪性腫瘍手術を行っています。

肺悪性手術は、開胸と胸腔鏡に大きくわけられます。当院では、主に胸腔鏡で手術を行っています。

※患者数が10未満の場合は、個人情報に配慮して「-」(ハイフン)を入力することになっています。

耳鼻いんこう科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 23 1.09 11.78 0 60.3 甲状腺葉峡部切除
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術(全摘及び亜全摘) 20 1.8 15.65 0 57.65 -
K664 胃瘻造設術(経費的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 16 5.56 76.94 0 59.94 PEGパス
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ) 12 1.08 9 0 51.5 甲状腺葉峡部切除
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) - - - - - 顕微鏡下喉頭微細手術

耳鼻いんこう科(頭頸科・甲状腺腫瘍科)

耳鼻いんこう科では、頭頸部や甲状腺の手術を行っています。

※患者数が10未満の場合は、個人情報に配慮して「-」(ハイフン)を入力することになっています。

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 109 1.32 6.12 0 70.29 経尿道的膀胱腫瘍切除術
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 88 2.07 13.67 0 68.02 ロボット支援前立腺全摘除術
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 36 1 2.06 0 75.06 金マーカー埋め込み術
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 28 0.89 5.21 0 68.29 -
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 - - - - - -

泌尿器科

泌尿器科では、膀胱や前立腺・腎臓などの手術を行っています。

経尿道的手術は、体を切る手術ではなく尿道から器具などを挿入して行う手術です。

腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる)は、ロボット支援手術を示しています。

※患者数が10未満の場合は、個人情報に配慮して「-」(ハイフン)を入力することになっています。

婦人科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K879 子宮悪性腫瘍手術 86 3.28 11.65 0 54.02 子宮全摘術+リンパ郭清
広汎子宮全摘術
K867-4 子宮頸部異形成上皮レーザー照射治療 81 1 1 0 35.11 婦人科小手術統合バージョン
K867 子宮頸部(腟部)切除術 61 1 2.7 0 39.97 婦人科小手術統合バージョン
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 32 3.5 12 0 56.28 開腹付属器腫瘍摘出術
K877 子宮全摘術 25 2.76 10.56 0 50.92 単純・拡大子宮全摘術

婦人科

婦人科では、子宮(頸部・体部)や卵巣の手術を行っています。

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 77 1.04 7.27 0 70.21 上部消化管(胃・食道)ESDパス
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 47 2.04 9.51 0 75.55 TACE(エピルビシン)
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用埋込型カテーテル設置(頭頸部その他) 44 5.3 14.23 9.09 65.82 中心静脈カテーテルポート増設パス
K526-22 内視鏡的食道粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術) 22 1 9.55 0 64.86 上部消化管(胃・食道)ESDパス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 22 9.36 17.82 0 66.77 ERCP

消化器内科

消化器内科では、内視鏡を使った手術やカテーテルを使った手術などを行っています。

消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 48 4.73 17.67 0 68.65 胃切除パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 44 3.39 10.52 0 66.39 腸切除パス
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 23 3.48 15.09 0 64.13 胃切除パス
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 23 3.65 15.17 0 62.78 腸切除パス
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 18 2.89 12 0 60.33 腸切除パス

消化器外科

消化器外科では、食道がん・胃がん・肝臓がん・膵臓がん・胆道がん・大腸がんなどの手術を行っています。

乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均術前日数 平均術後日数 転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 128 2.39 7.91 0.78 59.93 乳がん手術(温存・乳切)
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 126 2.35 6.8 0 58.13 乳がん手術(温存・乳切)
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 63 2.46 7.44 0 58.41 乳がん手術(温存・乳切)
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) 20 2.4 7 0 54.15 乳がん手術(温存・乳切)
K4761 乳腺悪性腫瘍手術(単純乳房切除術(乳腺全摘術)) 13 2.31 8.15 0 59.46 乳がん手術(温存・乳切)

乳腺外科

乳腺外科では、乳がんの手術を行っています。

乳がんの手術は、乳房温存と乳房切除に大きく分けられます。

このページの先頭へ

その他(DIC、敗血症、
  その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -

当院はがん専門病院のため、いずれの分類も10人以下となりました。

※患者数が10未満の場合は、個人情報に配慮して「-」(ハイフン)を入力することになっています。

このページの先頭へ

更新履歴
2017.09.28
2016年度データを公開。 2015年度のものはこちら
2016.10.06
厚生労働省へのリンクを追加
2016.09.30
公開