専門部会について

がん登録専門部会活動方針・目的

がん登録専門部会は愛媛県のがん登録の現状や未来を検討する部会です。
がん登録専門部会は県がん診療拠点病院・がん診療拠点病院・がん診療推進病院の院内がん登録の担当者、地域がん登録の担当者と県庁の代表によって構成されています。互いの情報交換を行い、協力体制を調整します。愛媛県においては、適切に行えばがん拠点病院・がん推進病院の院内がん登録で県内のがん罹患の85-90%を把握できると予想されています。愛媛県のがん登録の現状は、『愛媛県のがん登録』の項を参照してください。
がん登録専門部会の目的は、院内がん登録の精度向上・維持、地域がん登録/全国がん登録のサポートを行い、精度の高いがん登録を利用するための場を提供することです。

1)専門部会の開催、2)院内がん登録実務者研修会の開催、3)院内がん登録情報・解析研修会の開催、4)院内がん登録施設の訪問調査、5)愛媛県がん情報利用プロジェクトの開催の5つを事業の柱としています。
個々の活動内容は関連の項目を参照してください。

がん登録専門部会としての活動及びデータ利用に関して