専門部会について

がんの集学的治療専門部会活動方針・目的

「がんの集学的治療専門部会」は、愛媛県がん診療連携協議会が発足時、外来化学療法室を運営する医療者(医師、看護師、薬剤師)の要望により開設されました。その後、抗がん剤以外の治療に携わる医療者の参加もあり、広くがんの集学的治療に携わる医療者の情報共有の場として進展しました。その活動の目的は、
#1.がん治療を実際に行う医療者の円滑な活動の支援
#2.がん治療を行う医療者間の情報提供
です。
本専門部会は、薬師神芳洋医師(愛媛大学病院)、藤田高子看護師(住友別子病院)、矢野琢也薬剤師(住友別子病院)3名を代表に、愛媛県がん診療連携拠点病院ならびにがん診療連携推進病院にて、がん治療に携わるスタッフが連絡を取り合い、より良いがん治療を目指した活動を行っています。